ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2018-10

[米ドル円]調整一巡後は反発へ

(米ドル円日足)


世界同時株安が進んだもののドル円は111円後半で下げ止まりを見せた。NY株価の急落直前の113円20銭から111円84銭まで下落幅は1円40銭と軽度。ドル円の底堅さが寧ろ確認された格好だ。111円60銭のフィボナッチ61.8%戻しには届かなかった。そのすぐ下の111円50銭はボリンジャーバンドの下限であり一目の雲の上限が強いサポートとして位置する。
世界同時株安も先週末は一先ず収まりを見せており、調整は一巡した可能性がある。
今週月曜日は米国の為替報告書の公開、イタリア予算案のEUへの提出など円高リスクが燻る。
また、G20ではムニューシン財務長官が為替条項を日本にも課す可能性を示したことから週明けからドル円下値トライから始まる可能性もある。
111円ミドルレベル付近に下落するようなら買いを入れておきたい。ただ、111円ミドルを明確に下抜けるようなら相場の転換になる恐れもあり損切りもしっかりと入れておく。

今週のドル円予想レンジ:113円40銭~111円50銭(BB下限、雲の上限)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]イタリア予算案の行方とECB金融政策

(ユーロ米ドル日足)

EUR_USD_20181015_hiashi.jpg

15日にイタリア2019年度予算案の欧州委員会への提出期限が迫る中で先週末ユーロ売りが強まった。欧州時間にユンケル欧州委員長が「イタリアは予算案に対して約束を守っていない」と発言。また、EU高官は「来年のイタリア財政赤字(GDP比)2.4%内に収まるか不確か」「赤字が計画を上回る恐れがある」と発言するなどイタリアによる不安感が広がった。
もしイタリアの財政規律違反が判明すれば欧州委が予算案を拒否する可能性はあるものの最終的に決着がつくとの見方が多く、ユーロ反発のきっかけになりそうだ。
先週はドラギ総裁が「基本的なインフレは年末にかけて上がり、その後も中期的には徐々に上昇していく」と発言するなど利上げに前向きな発言と捉えられる。米長期金利の上昇が抑えられたこともありユーロ買いに安心感を与える。
トルコでは米国人牧師が解放されたことも市場に安心感を与えるとともにユーロの下支えとなり今週は一段の上昇を予想する。
1.1620はフィボナッチ50%戻しでありボリンジャーバンドの中心線が位置し一旦は上値が抑えられそうだ。ただ、勢いがあれば7月に上値を何度も抑えられた76.4%戻しでもある1.1730付近を試す展開も予想される。

ユーロドル予想レンジ: 1.1730(76.4%)~1.1470

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円]RBA議事要旨と中国経済指標

(豪ドル円日足)

AUD_JPY_20181015_hiashi.jpg

世界的な同時株安も一先ず落ち着きを取り戻したように見える。急落の原因の一つでもある米中貿易摩擦による中国経済の減速懸念が豪ドル売りを誘った。
その後は上海総合指数や日経平均株価が反発して引けたことで豪ドル円の買い戻しが入った。しかし下落前の80円50銭には届かず本格的な上昇には待ったがかかっている。
今週はRBA議事要旨や中国経済指標が発表される。先週発表された中国9月貿易収支では対米黒字が過去最高となった。追加関税を控え駆け込みの輸出が増えたとみられるが、中国経済への打撃は今のところ見られない。
今週は中国PPIやCPI、そしてGDPなど重要指標の発表が相次ぐ。既に経済への影響を市場は大分織り込んでおり下振れリスクは限られる。
RBA議事要旨では利上げへの内容が少しでも示されるか注目。
一時的に豪ドル買い戻しの動きが強まるとみているが、米中貿易摩擦が長期化する中で本格的な豪ドル買いにはまだ時間が必要だ。

豪ドル円予想レンジ:81円60銭(76.4%)~79円30銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]市場の混乱も収束へ

先週は米長期金利が急速に上昇したことや米中貿易摩擦への懸念などからNY株式市場が急落。世界的な同時株安を引き起こしたが週末には一先ず下げ止まりから反発に向かった。暫く株や為替市場は荒っぽい動きが予想されるものの、調整が一巡すれば再び強気相場へ回帰するとみる。
先週末に日経平均株価や上海総合指数が上昇して引けたことで市場には一先ず安心感が広がった。欧州市場ではイタリア予算案を巡る不透明感や英国のブレグジット懸念などからユーロやポンドが下落。これがドルの下支えとなったもののクロス円も巻き込みながら下落したことでドル円の上値も抑えられた。
注目のNY株式市場は三指数ともに反発したことで過度な警戒感も後退。しかし、これだけ下落した後だけに市場の不信感を払しょくするにはもう暫く時間がかかりそうだ。
株価下落のきっかけとなったのは米長期金利が急速に上昇したことや米中貿易摩擦への懸念が背景にある。また、米中間選挙というビッグイベントが近づいたことでポジションの巻き戻しが入ったと考えられる。
今週はその急落原因の一つである米長期金利を巡りFRB幹部の講演やFOMC議事録の公開に注目が集まる。株価の下落はあくまで調整であり利上げは継続されるとの見方が示される可能性が高い。再び長期金利が上昇に転じた時の株価への影響が懸念される。それでも株価の下落に繋がらないようなら市場に安心感を与えるだろう。
また、15日には米国の為替報告書が公表される。もし中国が為替操作国と認定されるようなら一時的に円買いが進む可能性もある。しかし、もし認定されたとしても既に中国に制裁を課しておりそれ以上のものは考えにくいことから為替への影響は限定的とみる。
ただ、先週末のG20でムニューシン財務長官が為替条項を日本にも課す可能性を示しており週明けの東京市場の動きには注意が必要だ。
この日はイタリア予算案の欧州委員会への提出期限でもありユーロへの影響も懸念される。最終的に予算内容が承認されるようならユーロは反発しクロス円全般に買い戻しが入ることでドル円の底も押し上げられそうだ。
また、週後半にはEU首脳会議が開かれブレグジットについて協議され、ここで進展がみられるようなら11月の臨時首脳会議での合意を目指す展開となりポンドが上昇するとともに市場のリスクが後退することになる。
今週は相場の転換点となる重要な週。
最終的に強い米経済を背景に市場の混乱も収束へと向かうとみており株高米長期金利高、そしてドル高の流れに戻るであろう。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]111円ミドルの底堅さ

(米ドル円日足)


世界同時株安となったがドル円は111円台に入ると買いが待ち構えるなど底堅い動きを維持している。
昨日のNY市場で米長期金利が低下したことでドルは下落。また、株式市場も続落となったことからリスク回避の動きが強まりドル円は前日の安値111円97銭を下回る111円84銭まで下落した。しかし、売りは続かずにすぐ112円台に押し戻されるなど底堅さを寧ろ確認した格好だ。
クロス円も全般に買い戻しが強まったこともドル円の下支えとなっている。
世界同時株安が進んだにもかかわらずドル円はこの一週間で1円40銭足らずの下げで収まっている。それだけ市場の不安心理が深刻ではないということかもしれない。
自動売買によるテクニカル的な急速な下げとみれば、この動きも短期間で終了する可能性が高い。
フィボナッチ61.8%戻しの111円60銭のすぐ下の111円40銭には一目の雲の上限やボリンジャーバンドの下限が位置している。
この手前では買いを入れておくが、何が起きるかわからない相場だけに損切りもその下に置いておく。

ドル円予想レンジ:113円50銭~111円60銭(61.8%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド米ドル]V字回復で買いも一巡

(ポンド米ドル日足)


米長期金利が低下する中でドル売りが強まりポンドドルは1.32ミドルまで上昇。また、トランプ大統領のドル高けん制発言もありドル安がポンドを押し上げた格好だ。
ブレグジット協議が大詰めに近づいており、その期待感からポンドドルは先週後半から買い戻しが入っていた。
昨日はこの下落が始まる前のレベルである1.32後半に近づいたことで、そろそろ上昇も一巡する頃だ。
昨日はアイルランド外相が「ブレグジット交渉は合意に近いとはまだ言えない」と発言。
また、英首相報道官も「まだブレグジット交渉で解決しなければならない大きな問題がある」「北アイルランドのバックストップの他にも問題がある」などと発言しており予断を許さない状況が続いている。

週末ということもありポジション調整も含めてポンドの反落には注意したい。
1.32ミドルから上で売りを出しておき、利食いは38.2%戻しとなる1.31ミドル付近に置く。ただ、週末ということもあり損切りも1.33付近に置いておく。

ポンドドル予想レンジ: 1.3280(BB上限)~1.3150(38.2%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[トルコリラ円]米国人牧師解放で安心感広がる

(トルコリラ円日足)


世界同時株安の状況下でリラ円は大幅上昇となった。
昨日の欧州時間にポンペオ米国務長官は「トルコ裁判所が12日に予定されている審理で釈放を命じることが正しい」と発言。市場では米国とトルコ政府は合意に達し、数日中に釈放されると予想。
これを受けトルコリラ円はNY市場にかけて買いが進みこの日の高値となる18円93銭まで上昇。そのまま高値圏での引けとなっている。
本日中に実際に釈放が決まれば一段のリラ円の買いが強まるとみている。
上値目途としては10月1日に付けた高値でありボリンジャーバンドの上限となる19円30銭付近が意識される。

リラ円予想レンジ:19円30銭(BB上限、10月1日高値)~18円70銭(基準線)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]世界同時株安止まらず

前日に急落したNY株式市場の影響は日本や中国、そして欧州など世界同時株安を招いた。昨日のNY株式市場は前日に引き続き大幅下落して引けるなどその勢いは止まらない。この動きが一時的なものなのか本格的な下げの始まりなのかを見極めるまでは短期取引に徹したい。
昨日の東京市場では前日のNY株急落の影響を受け日経平均株価が大幅下落。同時に上海総合指数もチャイナショック後の安値を割り込む大幅安となったもののドル円は比較的落ち着いた動きが続いた。
欧州市場でも英国を含め各国株式市場が下落するなど世界同時株安の様相を呈した。
注目のNY株式市場は前日に引き続き下落の勢いが止まらず三指数ともに続落。
この日発表された米9月CPIが予想を下回ると米長期金利が低下したことで株価も一旦は押し戻される場面も見られた。しかし、戻り売りが入ると結局大きく下落して引けている。
下落の背景にあるのは米長期金利が急速に上昇したことや米中貿易摩擦による世界的な景気減速懸念などが考えられる。しかし、それらは既に予測されていたものだけに今回の急落は他にもありそうだ。現在の株式市場の多くは自動売買主流となっていることから一方向に極端に動きやすくなっている。そのため上昇も下落も急速に進み、それが市場の不安を拡大させることになる。
米長期金利が上昇した背景には米国経済の強さがあり、そのためFRBの利上げを促している。
そのFRBに対してトランプ大統領はFRBの責任を主張。また「米国には強いドルがあるが輸出にとっては良くない」「国内でビジネスをすることを困難にしている」などドル高けん制発言も飛び出したことでドルの上値を抑えた。
この発言によりユーロやポンドが上昇することでクロス円の買いも入りドル円は意外に底堅い動きが続いている。
市場の不安心理が収まらないうちはちょっとした悪材料に反応しやすいものの、センチメントが変われば一気に戻される可能性も高い。
リスクの後はチャンスとみる。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME |  »

注意喚起

当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。店頭バイナリーオプション取引「LION BO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダーバイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルすることはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。「LION BO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のあるリスクが高い金融商品です。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引および店頭バイナリーオプション取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

商号:ヒロセ通商株式会社
業務内容:第一種金融商品取引業
登録番号:近畿財務局長(金商)第41号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)

FC2Ad

 

新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

応援クリックお願いします


人気ブログランキング

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する