ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2019-06

[米ドル円]円高材料山積でも底堅さ継続

(米ドル円日足)


ホルムズ海峡でのタンカー攻撃や米中摩擦、ブレグジットやイタリア財政赤字問題、そしてFRBの利下げ期待からのドル安など円高材料が山積する中でドル円は依然として底堅さを保っている。
それはユーロやポンドが対ドルで下落してドル買い圧力が高まったことがドル円の下支えとなっていると考えられる。
今週はFOMC会合や日銀政策会合が開かれるが、これまでのドル円の膠着状態が破られるか注目が集まる。
今回のFOMC会合では政策金利は据え置かれると予想されるが、7月には利下げが実施されるとの見方が示されるであろう。ただ、それが予防的な利下げということが強調されるようなら緩和政策への転換とはみなされないことからドル反発のきっかけになるだろう。
或いは、貿易摩擦懸念が収まらず更なる利下げの可能性が示されるようなら一時的なドル売りが強まるとみる。
ただ、市場は既にそれらも織り込んでいることからドルの下値が限定的とみる。
その時は押し目買いのチャンスとみる。

今週のドル円予想レンジ:109円20銭~107円80銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]下落は調整か

(ユーロ米ドル日足)

EUR_USD_20190617_hiashi.jpg

ドイツ国債が過去最低の利回りまで低下したことでユーロ売り圧力が強まった。
また、イタリアがミニBOTと呼ばれる少額債券を公共部門の納入企業に対して通用させることを検討するなどユーロ離脱懸念がユーロ売り圧力を高めた。
下降トレンドラインの上限を上抜けしたことで一先ずボトムを付けたかと思われたユーロも再び下落に転じている。
今週は下落の流れが継続されるのか、或いは調整売りとなり再び上昇に転じるかを見極める週となる。
1.11ドルを下抜けるようなら下降トレンド再開とみてよいだろう。
反対に、1.11ミドル付近で下げ止まり1.1350を上抜くようなら1.1550を目指す展開とみる。

今週のユーロドル予想レンジ:1.1300~1.1160(76.4%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル米ドル]更なる利下げ観測で豪ドル売り加速か

(豪ドル米ドル日足)


先週は週を通して豪ドル売りが続いた。
中国が国内景気刺激策を打ち出すなど中国経済への懸念は一時期よりも後退したものの豪ドル売りが止まらず5月に付けた安値0.6865とほぼ面合わせとなった。
週末には豪州大手銀行が「RBAは11月に政策金利を0.75%まで引き下げると予想」とのレポートが相場の重しとなった。
現行1.25%から更に年内に2度の利下げが予想されることになる。
市場は今のところそこまでは見ていないものの、世界的な金利低下の中で豪ドルも先行きを織り込む形で0.6863を付けてほぼ安値圏で引けている。
0.68ミドルにはボリンジャーバンドの下限がサポートとして位置することから、このレベルで下げ止まるか注目。
もし、このレベルを下回るようなら1月3日のフラッシュクラッシュで付けた安値0.67ミドル付近まで目立ったサポートは見られない。

今週の豪ドルドル予想レンジ:0.6960(61.8%)~0.6750(1月3日安値)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]地政学的リスクや金利に無反応

米中摩擦の結果を受け米国や中国の実体経済への影響がみられ始めたことで市場には不安感が広がる。そのような状況下で香港では大規模デモが発生するなど習近平体制への批判的な動きが広がった。また、ホルムズ海峡では日本のタンカーが攻撃されるなど地政学的リスクが高まったもののドル円にはほとんど影響がみられなった。
米長期金利がここまで低下してもドルは寧ろ上昇するなど、金融政策さえもこれまでの経験とは異なる動きを見せる。
市場はこれまでの常識的な反応は見られないなど相場の注目点が定まらない状況が今週も継続する可能性が高い。
先週は週初メキシコへの追加関税が延期されたことを受けリスク回避の動きが後退。前週末の米雇用統計で107円80銭付近まで急落したドル円も堅調な地合いでスタート。
ドル買いの動きが強まるとドル円は一時108円80銭まで1円近く上昇した。
しかし、その後はトランプ大統領が「ユーロ安により米国が大きな不利益を被っている」など「円」も含めたドル高をけん制するような発言でドル売りが進んだ。
一方、中国政府は新たな国内景気刺激策を打ち出したことで中国経済への過度な懸念は後退しドル円の下値も限られた。
先週発表された米CPIは4カ月連続でプラス、5月小売売上高(除自動車)は3か月連続で増加し鉱工業生産も予想を上回った。雇用などへの不安はあるもののそれ程悲観的なものは見られない。
中国では貿易黒字額が大幅拡大し、PPIやCPI、小売売上などもそれほど不安材料として今のところ見られていない。
上海総合指数や欧州、そしてNY株式市場などは小幅調整的な下落は見られたものの全般に安定した動きを見せている。
ホルムズ海峡でのタンカーへの攻撃や香港の大規模デモなど地政学的リスクの高まりに対しても通常であれば円高が進むところだが為替や株式市場は落ち着いている。
米長期金利が低下してもドル安に反応せず、寧ろユーロやポンドの下落によりドルは全般に底堅さが続く。
これまでの経験則がなかなか通用しない状況が今週も続くとみている。
今週は注目のFOMC会合が開かれる。
既に金利が低下する中で催促相場的に市場は利下げを織り込み始めている。
今回のFOMC会合では据え置きが予想されている。しかし、来月には利下げの可能性が90%以上織り込んでいることで、利下げが予防的なものとする内容であればドル買い戻しのきっかけになりそうだ。
ただ、米中摩擦激化は長期化する可能性が高いことからFRBの緩和政策は今後も継続されるとみている。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]クロス円の売りに押される

(米ドル円2時間足)

USD_JPY_20190614_2jikanashi.jpg

東京市場が始まったところで豪州5月雇用統計が発表され豪ドルと同時にドル円も下落に転じた。失業率が予想以上に上昇したことで豪ドルが下落すると同時にドル円でも売りが散見。豪ドル円の売りだけではなく投機的なドル円の売りが出たとの見方が広がった。
その後は窓を埋めるようにじりじりと買い戻しが入った。
欧州市場が始まったところでホルムズ海峡でタンカーが攻撃されたことが伝わったがドル円は殆ど反応なし。リスクオフの円買いには繋がらなかったことはそれだけドル円取引を控えるところが増えていると考えられる。
その後NY株式市場が三指数ともに三日ぶりに反発。ドル円は108円53銭まで上昇。しかし、このレベルは東京市場でドル円が下落する直前のレベルであり上値が抑えられた。
円買い材料でも円売り材料でも反応しにくくなっているドル円だが、それだけエネルギーも蓄積されているとみている。
2時間足の短期チャートを見ると底値が少しずつ切り上げっていることから109円台を一度試しに行く可能性が高いとみる。

ドル円予想レンジ:108円90銭(50%)~108円00銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]下降チャネルに戻る

(ユーロ米ドル日足)

EUR_USD_20190614_hiashi.jpg

ユーロドルは依然上値の重い展開が続いている。
下降チャネルの上限を上抜いたものの、その後は再びチャネル内に押し戻されている。
イタリア財政赤字問題を巡りEUとの軋轢が増す中で、イタリアの両副首相が公共部門の納入企業などへの支払いをユーロではなくミニBOTと名付けた借用書で行うことを協議する方針を示した。これは最終的にユーロからの離脱の可能性を示すものとの見方もあり、ユーロ売りを促した。
ただ、この動きが実際に実行されるかどうかは時期尚早で、今の時点ではユーロにとって影響は少ない。
下降チャネルの最上限を下回ったものの、その下には2番目の上限が位置することから、このレベルを下回らないようなら再度上値を試す可能性を残す。

ユーロドル予想レンジ:1.1300~1.1230(50%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル米ドル]失業率上昇で豪ドル売り

(豪ドル米ドル4時間足)

AUD_USD_20190614_4jikanashi.jpg

昨日の東京時間に発表された豪州5月雇用統計では新規雇用者数が4.23万人と予想の1.75万人を大きく上回った。一方、失業率は5.2%と予想の5.1%を上回った事で豪ドルは売りで反応。発表前に買いが強まった反動もあり0.6930から0.6904まで下落した。雇用者増に反応しなかったということはそれだけ豪ドル売りを仕掛けやすい地合いであったということだろう。
市場はRBAが年内に更に1-2回の利下げを行うとの見方が根強く、戻り売りを狙うところが多い。
ただ、0.69ドル付近はかなり強いサポートとして意識され始めており、週末の豪ドルショートカバーが入るとみている。
特に、今日の16時には中国小売売上や鉱工業生産の発表があり、買い戻しのきっかけになるか注目。
もし、0.69ドルを割り込むようなら今年最安値となる0.6865を割り込む可能性が高まる。

豪ドルドル予想レンジ:0.6960(50%)~0.6900

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]地政学的リスクでもドル円動かず

欧州市場が始まったところで日本も含む石油タンカーがホルムズ海峡で攻撃されるという報道が流れた。安全通貨である円買いに瞬間でも反応するかと思われたが、全く反応はなくそれだけ膠着状態が続いていることを示すものだ。
一方、豪州雇用統計が発表されると豪ドルだけではなくドル円も同時に反応するなど予想外の動きを見せている。
NY市場では株式市場三指数ともに3日ぶりに反発。しかしリスクオンの円安には反応せず、寧ろドル円クロス円ともに上値の重い展開が続くなど相場が読みにくい状況が続いている。
この日はブレグジットを巡り与党党首選が行われたが予想通りジョンソン前外相がダントツで首位を獲得。合意無き離脱への可能性が高まりポンドの上値を抑えた。
ユーロも同様に上値の重い展開となった。イタリアが公共部門の納入企業などへの支払いをユーロではなくミニBOTと名付けた借用書で行うことを協議する方針を示した。
ユーロという通貨以外を使用するということはユーロに残留する意思がないとの見方も浮上。
米中問題、米国とイラン問題、ブレグジット問題、イタリア財政赤字問題など市場には円高材料が山積。しかし、それにしてもドル円が底堅い動きを保っているということはそれだけ買いの意欲も強いということだ。
今日は週末ということもあり一時的なドル円の下振れがあったとしても、寧ろ底値の堅さが確認され上昇に転じる可能性が高い。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME |  »

注意喚起

当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。店頭バイナリーオプション取引「LION BO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダーバイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルすることはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。「LION BO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のあるリスクが高い金融商品です。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引および店頭バイナリーオプション取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

商号:ヒロセ通商株式会社
業務内容:第一種金融商品取引業
登録番号:近畿財務局長(金商)第41号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)

FC2Ad

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

応援クリックお願いします


人気ブログランキング

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する