ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2017-05

[米ドル円]トランプリスク燻ぶる

(米ドル円2時間足)



北朝鮮の核実験を受け週明けシドニー市場でドル円は一時111円を割り込む場面も見られた。しかし、大きな混乱は見られずむしろ110円台での買いも入り上昇に転じた。
欧州市場に入る手前でドル円は下落に転じたものの、その後ユーロが急速に上昇したことからユーロ円の買いも散見。ドル円は111円ミドル付近に上昇。しかし、NY市場では再び111円を割り込むなど円高への警戒感は依然としてくすぶる。
トランプ大統領が中東訪問中ということから一先ずトランプ関連の材料が出にくいことで大きな動きは見られない。
短期的には株価の上昇などから111円を固めて111円後半を試す展開が予想される。
110円台では押し目買いのチャンスと見る。

ドル円予想レンジ: 111円80銭(38.2%)~110円80銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]メルケル発言でユーロ買い加速

(ユーロ米ドル日足)



上昇が継続するユーロドルだが、その勢いが止まらない。
昨日の欧州時間に入りユーロの調整売りがみられこの日の安値となる1.1160まで下落。その下げたところでドイツのメルケル首相が「ユーロは安すぎる」「EUから更なる離脱を防がなくてはならない」などと発言。ユーロの買いがカウンターパンチ気味に入ったことで一気に上昇。NY市場ではこの日の高値となる1.1263まで上昇した。
今週末に行われるG7サミットではドイツの貿易黒字に対して米国からの圧力がかかるとみられ、メルケル首相の発言はそれを意識したものと思われる。
いずれにしても、ユーロの買いの強さが改めて確認された格好だ。
昨年の米大統領選挙後の高値となる1.13ドルを再度試す展開が予想される。
押し目買いスタンス継続。

ユーロドル予想レンジ:1.1300(16年11月9日高値)~1.1200

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル米ドル]ボリンジャーバンド上限を意識

(豪ドル米ドル日足)



原油価格が上昇に転じた5月10日以来豪ドルも底値から上昇に転じた。
ドル売りの動きが重なったこともあり上げ足を速めている。ただ、本格的な豪ドル買いというよりもショートカバーを中心とした動きとみられ上値もそろそろ限界に近いように見える。
ただ、流れとしてはまだ豪ドル上昇の勢いは強く、目先はボリンジャーバンドの上限でありフィボナッチ50%戻しとなる0.75ミドル付近が次の上値目途とみる。
北朝鮮問題やトランプ大統領リスクなどは豪州にとって影響が少ないことから、安心して買いが入りやすい。

豪ドルドル予想レンジ:0.7540(50.0%、BB上限)~0.7440

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]ユーロの上昇幅拡大

週明け東京市場は前日北朝鮮が中距離弾道ミサイルを試験発射したことを受けドル円は下落して始まった。しかし、先週末NY終値となる111円25銭から30銭程度の下落で収まるなど市場は地政学的リスクに対する免疫が徐々に出来始めているようだ。
結局先週末のNY市場の流れを次いで株価は上昇しドル円は上昇に転じるなどリスク回避の動きは限定的となった。
欧州市場に入るとユーロがこれまでの上昇幅をさらに拡大。ドイツのメルケル首相が「ユーロは弱すぎる」と発言したことでユーロ買いの動きが強まった。週末にG7サミットを控えていることから対米貿易黒字削減に対する圧力をかわす狙いがあったと思われる。
NY市場ではトランプリスクがくすぶるなかでNY株式市場は三指数ともに上昇。実体経済の強さや好調な企業決算の結果を受けたものとみられる。OPEC総会での減産期間の延長期待が下支えとなるなどリスクオンの動きもみられた。一方、ドル円は一時111円を割り込む場面がみられるなど上値の重い展開が続いている。
トランプ大統領が中東訪問など外遊中ということもありトランプリスクに関する材料が出にくいのも市場に安心感を与えているようだ。
昨日はカプラン米ダラス連銀総裁が「今後2回の利上げが適切」と発言したものの市場の反応は限定的。市場はドルの不透明感が続く中で関心が徐々に後退。一方、ユーロへの注目度が上昇している。
今日もユーロを中心とした動きが続くと思われるが、一方向に上昇が続いていることからその反動には注意したい。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]下値リスク燻ぶる

(米ドル円4時間足)


先週はトランプ大統領の機密漏洩やフリン元大統領補佐官のFBI捜査妨害などの司法違反の問題が浮上。大統領が弾劾される可能性が高まりロシアゲートと呼ばれ始めるなど政権危機が高まりドルは全面安。同時にリスク回避の円買いも進みドル円は110円25銭まで下落した。
その後はトランプ疑惑を後退させるようなビデオが出回りドルの買い戻しが進む場面も見られた。
過剰反応となったドル安や円買いの反動からドル円は111円72銭付近まで買い戻された。
しかし、トランプ政策への不透明感や6月利上げ期待の後退などもあり上値は限定的となった。
今週は疑惑の解明が進む中でトランプ弾劾という可能性が一層進むようなら再び110円割れを試す展開が予想される。また、米経済指標の結果が予想を下回るようならNY株価の下落などからリスク回避の円買いリスクも燻ぶる。
ただ、これらも先週大分織り込み始めており、改善傾向がみられるようなら売られ過ぎた反動からドル円の買いが更に強まる可能性も残す。
市場には円高ドル安リスクが優勢となりドル円の下値リスクが上昇リスクを上回っている。
下値目途としては第一回フランス大統領選後の安値109円60銭が意識される。
ただ、トランプ氏が辞任したとしてもその後ペンス副大統領が引き継ぎ、政策はそのまま実行されるとの見方が強く、寧ろドル買い要因ともなりかねない。
ドル円の下値にも限界がある。

今週のドル円予想レンジ: 112円80銭(61.8%)~109円60銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]買い戻し継続

(ユーロ米ドル日足)


先週はトランプ大統領のスキャンダルでドル売りが一斉に高まったことでユーロドルはもみ合いの上限とみられた1.10ドルを上抜き1.12ドル台に上昇し、そのまま高値圏での引けとなった。元々ユーロは超低金利という事から調達通貨として売りが強まっていた。それがここにきてテーパリングの可能性が高まり買い戻しの動きが活発となっていた。また、フランス大統領選やドイツの地方選挙でポピュリズムへのリスク後退がユーロ買いに安心感を与えた。
そこに米国長期金利が低下したことで金利差からのユーロ買いが加わり上昇が加速。この動きは今週も継続するとみる。
ユーロドルは上値目途としては昨年の米大統領選直後の高値1.13ドル付近となるが、勢いがあれば昨年夏の高値1.13ドルミドルも視野に入る。
押し目買いスタンスで臨みたい。

今週のユーロドル予想レンジ:1.1300(16年11月9日高値)~1.1000

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル米ドル]OPEC総会に注目

(豪ドル米ドル日足)


先週は原油価格の上昇などから資源国通貨である豪ドルに買いが集まった。また、トランプ大統領が弾劾される可能性が高まり、リスク回避の動きから米長期金利が低下したことで金利差拡大による豪ドル買いを促した。
NY株式市場が大幅下落となった時にはリスク回避による豪ドル売りが強まる場面も見られたが、週末には再び上昇幅を拡大した。
今週は25日にOPEC総会が開かれるが、既にサウジやロシアは減産期間延長合意に至っており期待が高まる。
材料出尽くし感からの売りには注意が必要だが、押し目買いのチャンスとも考えられる。
豪ドルドルはボリンジャーバンドの上限でありフィボナッチ61.8%戻しとなる0.75ドル後半が上値の目途とみる。

豪ドルドル予想レンジ:0.7580(61.8%、BB上限)~0.7410

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]ロシアゲートと米金融政策の行方

先週は北朝鮮の小型弾道ミサイル発射による地政学的リスクの高まりが懸念され週明け東京市場で円が大きく上昇するとの見方が強まった。しかし、実際始まってみると市場は冷静な対応となり大きな混乱もなく寧ろドルは堅調な地合いで始まった。
地政学的リスクも市場は大分慣れてきたとみられた矢先、今度はトランプ大統領の機密漏洩問題が浮上。内部告発とみられるが、大統領がロシア外相にイスラエルから得たIS情報を漏らした疑いが明らかとなりリスク回避の動きが高まった。更に、フリン前大統領補佐官のロシアとの共謀の疑惑について捜査していたコミー元FBI長官に大統領が捜査を終了するように圧力をかけていたとの疑惑も浮上。それが事実であれば司法妨害であり弾劾に追い込まれる可能性も出てきた。
これを受けドルは全面安となり、同時にリスク回避の円買いが重なりドル円は110円前半まで下落した。
その後、コミー元FBI長官の議会証言で圧力を受けていなかったとのビデオが出回ったことでドルの買い戻しのきっかけとなった。
また、週末にはロシア疑惑に関してトランプ大統領に近い現政権の人物が浮上したことから円の売り戻しが強まった。
ここにきてトランプ氏の疑惑が高まったことで公約の法人税減税や大規模インフラ投資、そしてオバマケア代替法案などの実現が遅延する恐れが浮上。また、6月のFOMCでの利上げの可能性が低下するなど、金融政策にも影響を及ばし始めた。
先週発表された米経済指標は改善の兆しをみせ始めているものの、今週発表される米GDP改定値や住宅関連指標などに注目が集まる。市場にはトランプリスクが燻ぶる中で悪材料には敏感に反応しやすく、結果次第で再びドル円は110円割れを試しに行く可能性も残る。また、今週はFOMC議事要旨の公開やFRBメンバーの講演などが相次ぐ。既にトランプリスクで利上げの可能性が低下してきており、新たに利上げに前向きな発言などがあればドル買いに反応しやすい。
一方、来週にはコミー元FBI長官の議会証言も予定されており(あくまで予定)、その内容次第ではロシアゲートの行方が左右される。
今週はOPEC総会が開かれる。6月に期限の来る減産期間の延長が期待されていることから原油価格の上昇が更に強まればNY株価の上昇にも繋がる。そうなればリスクオンによる円安要因となる。
今週はロシアゲートや米金融政策などの悲観的な見方が継続するなかで、材料次第では警戒感が後退しドルが大きく反発する可能性も考えておきたい。
ポジションは一方向に偏らせずにデイトレードに徹した方がよさそうだ。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME |  »

注意喚起

当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。店頭バイナリーオプション取引「LION BO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダーバイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルすることはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。「LION BO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のあるリスクが高い金融商品です。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引および店頭バイナリーオプション取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

商号:ヒロセ通商株式会社
業務内容:第一種金融商品取引業
登録番号:近畿財務局長(金商)第41号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)

FC2Ad

 

新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

応援クリックお願いします


人気ブログランキング

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する