ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2018-12

[全般]FOMC会合に注目

アジアや欧州株式市場が下落したことでリスク回避の円買いが進行。また、明日未明に発表されるFOMC会合を控え米長期金利が低下しドル安も重なりドル円は112円前半まで押し戻された。
昨日の東京市場は前日のNY株式市場の大幅下落の影響を受け日経平均株価が下落。リスク回避の動きが高まりドル円クロス円ともに上値の重い展開で始まった。
また、欧州市場にかけて米長期金利が低下したことからドル安が進みドル円はこの日の安値となる112円25銭まで売り込まれた。明日未明に発表されるFOMC会合での金利見通しが下方修正されるとの見方が背景にある。
一方、昨日のNY株式市場は前日とは打って変わり三指数ともに上昇。金利低下を意識してか、反発したことで円安が進みドル円も112円後半に押し戻された。
今日の注目はFOMC会合に集まる。
トランプ大統領はFRBに対して「新たな過ちを犯すな」と脅しをかけるなど、政治圧力が目立つ中での判断となる。
市場は既に19年の利上げ回数を前回の3回から1回未満との見方が広がっている。
もし、2回となれば寧ろ買いが先行する可能性が高い。
パウエルFRB議長の発言にも注目。
中立金利に近づいたとの認識を改めて示すようなら利上げ打ち止めへの思惑からドル売りを仕掛けてくるとみる。
ただ、大分市場は織り込み始めておりFOMCというビッグイベントリスクが終了すれば最終的に円売りの動きが強まる可能性が高いとみる。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]利上げ期待後退でFOMC会合に注目集まる

今週のFOMC会合では利上げがほぼ決定的かと思われたがトランプ大統領やNTC委員長のけん制発言でドル売りが先行。一方、NY株式市場は予想を下回る経済指標の結果やイールドカーブのフラット化などで急落。ドル安と同時に円高が進みドル円は大幅安となった。
週明け東京市場では日経平均株価が予想外に上昇したことを受けドル円クロス円ともに底堅い動きで始まった。
欧州市場でもこの傾向は続いたがNY時間に発表された米12月NY連銀製造業景況指数が10.9と予想の20.6を大きく下回った。その直後に発表された12月米NAHB住宅市場指数も56と予想の60を下回ったことでドルが下落。
NY株式市場も軟調な地合いで始まると米長期金利も低下。ドル安が進む中でトランプ大統領が「ドルが非常に強く、インフレも見られず国外情勢が混乱する中でFRBはなお追加利上げを検討している」とつぶやいた。
また、ナバロNTC委員長も「FRBは今週のFOMCで利上げの必要はない」と発言するなど利上げけん制発言が相次ぐと米長期金利は低下。一方、NY株式市場の下落は止まらずドル安と同時に円高が進んだ。
明日のFOMC会合の結果によっては相場の転換点にもなりそうだ。
利上げ期待が後退しているだけに利上げに踏み切るようなら一時的にドル買いに反応する可能性もあるが金利見通しにも注目。
来年の利上げ回数が既に市場は前回の3回から1回未満へ引き下げられるとの見方も浮上。2回に引き下げられたとしても市場は寧ろドル買いに反応する可能性が高い。
ただ、予想通り1回未満となれば米長期金利が低下したとしても、これまでの動きを見るとドル安への動きは限定的となる可能性が高い。
そうなれば、株式市場にとってはプラス材料であり円安が進むことになる。
いずれにしても、イベント終了後にはマーケットが荒れたとしてもリスク回避の動きは徐々に後退するとみている。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]FOMCとNY株式市場

先週は米中貿易摩擦激化やブレグジット、イタリア予算案などへの過度な懸念が緩む中でNY株式市場は落ち着きを取り戻したかに見えた。しかし、週末の金曜日に発表された中国や欧州の経済指標が予想を下回ると一転。世界景気減速への懸念からNY株式市場は大幅安となった。今週はこれらの株価の動向とFOMCでの今後の金利見通しに市場の注目が集まる。
先週末に発表された中国の小売売上が予想を下回ったことからオセアニア通貨売りが先行。中国が2人目のカナダ人を拘束したことから米中貿易摩擦激化への懸念が高まった。
日経平均株価も大幅安となりドル円は上値の重い展開が続いた。
その後発表されたフランスやドイツ、そしてユーロ圏のPMIが予想を下回ったことからユーロやポンドが急落。ブレグジットやイタリア予算問題などが燻る中で悪材料に反応しやすい状況となった。
NY市場でも中国や欧州経済指標の悪化が世界景気減速への懸念を思わせたことからNY株式市場は三指数ともに大幅安となった。
結果、安全な米国債が買われ金利も低下する中でドル売りが先行。ドル円は一時113円前半まで下落。しかし、ドル売りの勢いが弱まるとドル円は小幅反発して終了。
今週も不安定な株式市場の動きが継続すると予想されるだけにFOMC会合への注目が更に高まる。
FOMCでは今回利上げはほぼ織り込んでおり、市場の注目はメンバーの金利見通しに集まる。
パウエルFRB議長発言で市場は既に来年は1-2回の利上げに止まるのではといった見方が広がっている。株式市場の下落を眺めながらの発言と受け止められているが結果的にイールドカーブのフラット化を招いた。また、利上げ打ち止めは景気減速を背景にしたものとの受け止め方もあり不安定な株式市場が続いている。
トランプ大統領はFRBの利上げに圧力をかけており、ハト派的な政策をとるようなら政治の圧力に屈したと受け止められかねない。
前回の発言よりもややタカ派寄りの発言になるようならドル買いに反応するものの同時に株価の下落を招き円買いの動きも警戒される。
反対に、来年の金利見通しが0回から1回に低下するようならこれまでのドルの上昇トレンドの転換として市場に受け止められそうだ。
どちらにしてもドル円にとっては下振れリスクが燻ることになる。
ただ、市場は悪材料を先食いしている観もあり、FOMC会合が終了すればイベントリスクの後退による円安が進む可能性も残す。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]相場安定を好感し円全面安

メイ首相が信任されたことやイタリア予算案も修正され、更に米中貿易摩擦激化への懸念も後退。NY株式市場はこれまでの激しい相場が徐々に落ち着き始めたことでリスク回避の動きが後退。円が全面安の展開となっている。
昨日の東京市場では米中貿易摩擦懸念の後退や欧州政治への不安が後退したことを背景に株価は上昇。ドル円クロス円ともに堅調な地合いでスタートした。ただ、ユーロやポンドも上昇したことでドル安がドル円の上値を抑える結果となった。
欧州市場では注目のECB理事会が開かれ予想通り政策金利は据え置かれ12月で量的緩和終了を確認。2019年夏までは金利変更しない予定で、利上げ後も再投資を継続するとの見方を示した。これらは市場では織り込み済みということもあり反応は限定的となった。
一方、ドラギ総裁記者会見では経済見通しを下方修正したほか、貿易摩擦や欧州政治リスクなどに懸念を示したことでユーロは下落に転じた。
NY市場ではNYダウが上昇して終わり、日中の値幅も270ドル程度に縮小するなど安心感が広がった。リスクオンの動きが更に増すなかでドル円はこの日の高値となる113円70銭を付けた。
クロス円も堅調な地合いが継続されるなど市場は楽観的なセンチメントに傾いている。
ただ、ブレグジット問題やフランス政治リスク、そして米中貿易摩擦も依然として燻る中で一方向の円安も考えにくい。
ただ、直近では原油価格や米長期金利の下げが一服。
今日発表の米11月PMI が予想通り前月から低下するようなら利上げ観測後退を株式市場は好感。
株価上昇による円安の動きが一段と強まりそうだが市場リスクは依然として燻るなど予断を許さない状況に変わりはない。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]NY株上昇でリスクオン

米中貿易摩擦への懸念が後退したことでNY株式市場は三指数ともに大幅高。また、イタリア予算案への懸念の後退やメイ首相が信任されたことで市場に安心感が広がり円安進行。
昨日の東京市場では中国通信大手ファーウェイの副会長が保釈されたことなどから米中貿易摩擦の懸念が後退。日経平均株価は大幅反発となったことでドル円も113円ミドルまで上昇。
欧州市場ではイタリアがEUに対して2%の財政赤字目標を提出するとの報道がありユーロが上昇。その後否定されたものの最終的に2.04%の目標が提出され、ポンドも上昇。
欧州市場が始まったところでメイ首相の不信任投票を行うことが決まりポンドは一時下落。一部で信任されるとの見方が広がりポンドは上昇。結果は200対117で信任されたことが伝わったが既に織り込んでいた。
NY株式市場は米中貿易摩擦やイタリア予算案、そしてブレグジット問題への懸念が後退したことで三指数ともに上昇。NYダウは一時430ドル近く上昇するなどリスクオンの動きが強まった。米長期金利も上昇に転じたもののユーロやポンドの上昇によりドルは全面安となった。
結局ドル円はドル安円安の綱引きが続いたことで113円ミドル付近でのもみ合いが続いている。
株式市場は不安定な状態が続いているものの、過度な不安感は徐々に後退。
底値を固めながら上昇が継続するとみている。
ただ、フランス政権への不信感やイタリア問題も完全に解決されたわけではない。
ブレグジットも議会の採決が延期されただけで依然としてハードブレグジットへの警戒感は残る。
安心感が円安を促すものの手探り状態のリスクオンの動きは一時的なものになるかもしれない。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]米中貿易期待と英欧州不安

相変わらずNY株式市場は上下に激しい動きの中で下げの勢いが後退。米中貿易摩擦への懸念が後退したことを好感する一方でブレグジットやイタリア予算案問題などでユーロやポンドの下落が止まらない。
昨日の東京市場では日経平均株価が冴えない動きで始まるとドル円も113円付近まで下落。しかし、ポンドやユーロの下落が止まらない中でドル買いの動きが下支えとなって下げ止まった。
欧州市場では欧州やドイツのZEW景況感指数が改善されたことでユーロが上昇。
ポンドもアイルランド外相がバックストップ条項についてEUが声明を出す可能性を示唆したことで上昇する場面も見られた。
しかし、メイ首相の不信任投票発動の書簡が送付されたとの話などもあり再びポンド売りが強まった。
ユーロもイタリア予算案交渉やフランスの政局不安などを背景に下落に転じたことでドルは全般に底堅さを増した。
NY時間にはトランプ大統領が中国ととても生産性のある話し合いが行われたと発言。
中国も米国自動車に課している関税の引き下げを検討しているとの報道もありNY株式市場は上昇。ダウは一時400ドル近い上昇となった。
しかし、その後トランプ大統領がメキシコ国境の壁の予算を受け入れなければ政府機関を閉鎖すると発言したことを受け一転。ダウは一時200ドル近く下落するなど荒っぽい動きが依然として続いた。
しかし、結果的にダウは小幅な下落にとどまりナスダックは続伸して引けるなど全般に楽観的なムードが漂う中でドル円は113円ミドルまで上昇。ほぼ高値圏で引けてきた。
米長期金利も下げ止まりから上昇するなど、悪材料が大分出尽くした観もあり円安が進む可能性が高い。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME |  »

注意喚起

当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。店頭バイナリーオプション取引「LION BO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダーバイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルすることはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。「LION BO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のあるリスクが高い金融商品です。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引および店頭バイナリーオプション取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

商号:ヒロセ通商株式会社
業務内容:第一種金融商品取引業
登録番号:近畿財務局長(金商)第41号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)

FC2Ad

 

新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

応援クリックお願いします


人気ブログランキング

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する