ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2007-11

[アイスランドクローナ/円] 損失計上の影響は軽微



アイスランド・クローナ/円は突っ込み買い、カウプシング銀行(アイスランド最大の銀行)は、仕組み信用証券に絡む8500万ユーロ)の損失を2007年・第4四半期(10-12月)に計上すると発表したが、同時にNIBCホールディング(オランダ)買収資金(30億ユーロ)調達のための新株発行(2億1000万株)計画を発表、損失計上が同行に影響を与える影響が軽微であるとの自信を示すとともに国際金融市場に乗り出す意欲を前面に押し出しており、今後の動向が期待される。金利先高観測が強いだけに、アイスランド・クローナは買い方針維持だが、金融機関にサブプライム問題の影響も見られるため、突っ込み買い方針が妥当。高値目標は1アイスランド・クローナ=1.81円近辺。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル/円] 金利差拡大観測



豪ドル/円は突っ込み買い、豪・07年第3四半期経常収支(季節調整済み)は、155億8700万豪ドルと市場予想(164億豪ドル)を下回る堅調な内容となり、「利上げ期待」を拡大させた。一方、米景気先行き見通し不透明化から「米利下げ観測」が強まり、豪ドルは対米ドルで上昇基調に転じた。対円でも確りした推移となり、上値期待の膨らむ展開だ。ただ、高金利通貨だけに米株式市場動向対する反応も敏感、買い場を慎重に選ぶことが基本だ。高値目標は109円00銭。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[英ポンド/円] 要人発言が響く



英ポンド/円は突っ込み買い、インフレ・成長見通しとも悪化傾向を懸念するキングBOE(イングランド銀行)総裁証言からは「金融政策」を判断する手掛かりはなかったが、ブランチフラワー金融政策委員会委員は、インフレ・経済成長の微妙なバランスが存在することを認めた上で、「金利は今のうちに低下するべき」との見解を示唆、「利下げ観測」を拡大させる背景となった。英ポンド/円も軟調に推移しているが、最近の要人発言を総合すれば「利下げ」確率は50%程度と見ている。高値目標は231円50銭-232円00銭。


応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ/ドル] ドルが優勢を維持



ユーロ/ドルは修正安、米・EU(欧州連合)ともにサブプライム問題に絡む銀行・金融機関の「損失計上」リスクを抱えるが、シティ・グループが中東系投資機関から出資を受けたことから米金融市場が小康状態となった反面、EU市場では不安定な状況が続いていることが対ドルでのユーロ売りを誘引する背景となっている。また、目先筋もユーロ買いポジションを調整しており、ユーロ/ドルは修正安場面を迎えている。下値目処は1.4500-1.4600ドル近辺。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ/円] 欧州に信用不安波及



ユーロ/円は下値模索、サブプライム問題に絡む「損失計上」懸念は、欧州の銀行・金融機関にも波及、ユーロ/円を圧迫する要因となっている。また、これまで「金利差拡大見通し」を背景にユーロ買いを牽引していた目先筋の方針を転換、ポジション調整を優先していることもユーロの圧迫要因。ただ、インフレ率上昇が見込まれ、ECB(欧州中央銀行)が予想外の措置を講ずる可能性もあり売り方針は勧められない。ユーロ/円は下値見極めを優先、買い場を待ちたい。高値目標は167円00銭。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ドル/円] 利下げ期待拡大



ドル/円は突っ込み買い、米・07年第3四半期(7-9月)GDP(実質国内総生産/季節調整済み、年率)改定値は前期比年率4.9%増加と過去4年で最大の伸びとなったものの、米・10月新築一戸建て住宅販売は年率換算72.8万戸と市場予想(中央値/75万戸)を下回り、米・週間新規失業保険申請件数(季節調整済み)も35.2万人と9ヶ月ぶりの水準に上昇、市場予想(33万人)を上回るなど総じて弱い内容となったが、米株価は「利下げ期待」が下値を支える格好となり、底堅い推移を維持したことからドル買いが継続。ただ、ドル/円は「リスク指向」の弱まりから上値の重い推移となった。市場は「信用不安」に対する警戒感から、リスクを推し量る指標として株価動向を注視しており、当面は株価動向に左右される展開が続く見込み。ただ、株式市場では「クリスマス商戦」不振と見方を背景に小売セクターが軟調に推移、消費関連指標にも影響を与えるだけに動向には注意したい。「信用不安」に対する警戒感が市場を不安定化させていることから、ドル/円も突っ込みを狙う慎重な買い対処が基本と言える。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[南ア・ランド/円] 7-9月期GDP



南アランドは突っ込み買い、南ア・07年第3四半期(7-9月)GDP(国内総生産)は前年同期比5.1%増加と市場予想(4.7%)を上回り、前期(5.0%増加)から減速するとの見方を覆した。ワールドリーグ開催を控えた建設ラッシュが金利上昇圧迫を軽減したと見られるが、世界有数の資源国として各国から注目されているだけに投資資金流入増加による影響も無視できない。今後も南ア経済は堅調に推移する見通しで、インフレ上昇圧力が増大する可能性が高い。16円00銭近辺を買い、17円50銭台に迫れば利益確定を優先。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル/円] リスク志向が強まる



豪ドル/円は突っ込み買い、米株価が大幅に上昇したことを受け「リスク志向」が強まり、投機筋を中心に「キャリー取引」が活発化、豪ドル/円を押し上げている。高金利通貨としての側面を持つ豪ドルも「キャリー取引」の対象であり「信用不安後退」は買い要因、テクニカル的に米株価が底を打った格好となっており、上値指向が強まる可能性が高い。ただ、地合は未だに不安定であり、買い場は慎重に選びたい。高値目標は109円00銭。

応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[英ポンド/円]「利下げ観測」不透明化



英ポンド/円は突っ込み買い、このところBOE(イングランド銀行)利下げ観測が、英ポンドの上値を圧迫してきたが、BOEが原油高騰によるインフレ圧力増大を懸念しているとの見方が浮上、「金融市場混乱による景気減速懸念」と「インフレ警戒」の双方を比較して金融政策を決定する可能性が高いことから「利下げ観測」が不透明化、上値圧迫が低下する見通しだ。高値目標は231円50銭-232円00銭。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ/ドル] ドル買い優勢に



ユーロ/ドルは高値修正、投機的な買いが牽引する格好となり上値を試す動きが続いてきたユーロ/ドルだが、金融市場混乱を背景にユーロ圏経済動向に不透明性が増大する反面、ドルは「景気後退」をかなり織り込んできていることが、投機筋を中心とするドルを買い戻す動きに繋がったと見られる。当面、ユーロ/ドルは高値修正の動きとなる見通しだ。下値目処は1.4500-1.4600ドル辺り。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ/円] インフレ率上昇か



ユーロ/円は突っ込み買い、ECB(欧州中央銀行)から28日に発表されたユーロ圏・10月マネーサプライM3(現金、要求払い預金、定期貯蓄性預金、投資信託の一部)伸び率(季節調整済み)は、前年同月比12.3%と市場予想(中央値/11.5%)を上回り、インフレ率上昇懸念を煽る内容となった。また、金融市場混乱収拾に目処が立たないだけに「利上げ」を決定し難いECBは苦境に陥ったと言える。当面、「景気減速」「インフレ率上昇」が同時進行する可能性もあり、ユーロ/円は積極的に買いを入れ難い展開となりそうだ。高値目標は167円00銭。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ドル/円] FRB副議長発言



ドル/円は突っ込み買い、コーンFRB(連邦準備制度理事会)副議長が「最近数週間の混乱の高まりは、9月下旬から10月にかけてみられた市場機能の改善を一部阻害した。混乱の高まりが長引けば、家計や企業の金融状況が一段と逼迫する公算が強まるだろう」と述べたことが「追加利下げ観測」を拡大させた。既にFOMC(公開し市場委員会)が「追加利下げ(0.25%)」を決定することを市場では、「100%」織込み済みだが、FRB副議長発言はその後もFRBが「金融緩和政策を維持する」との見方を拡大させたと言える。副議長発言を受け米株式相場は大幅に続伸、2日間の上げ幅は500ドルを超え、テクニカル的に底値を確認した格好となったことも買い要因と見られる。ただ、サブプライム問題に端を発した「信用不安」が解消されたわけではなく、市場心理改善による上昇場面と言えるだけに、ドル/円も高値追いは避けたい。また、ドル/円は112円に迫るに連れて地合が不安定化する可能性があり、突っ込み買い方針を維持。


応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[トルコ・リラ/円] 米株価動向を手掛かりに



トルコリラ・円は突っ込み買い、高金利通貨であるトルコリラは、現時点で投資資金動向を左右する米株式の動きに影響を受ける場面が目立つが、米株価が「信用不安」を背景とした不安定な動きだけにポジション構築が難しい状況。また、トルコ中央銀行が緩和的な金融政策に移行していることにも注意が必要と言える。ただ、政策金利水準が16.25%(11月14日決定)と高いだけに投資妙味は薄れておらず、買い場を慎重に選べばリターンは十分に期待できる。90円台割れは買い、96円を超えれば利益確定を優先。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル/円] 米株価動向に注目



豪ドル/円は突っ込み買い、シティ・グループがUAE(アラブ首長国連邦)アブダビ投資庁から出資を受けたことが「信用不安」後退に繋がり米株価が上昇。「キャリー取引」活発化から豪ドル/円は上昇した。キャリー取引の対象となっている「豪ドル」は、投資資金動向に左右される場面が目立つが、資源国としての将来性を買う姿勢を維持、突っ込みを丁寧に買い拾いたい。高値目標は109円00銭。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[英ポンド/円] 金利動向に思惑絡む



英ポンド/円は突っ込み買い、BOE(イングランド銀行)「利下げ観測」は根強いが、住宅関連指標減速に焦点を合わせれば「妥当な見通し」と受け取れる反面、原油・食品価格上昇を主因としたインフレ圧力増大を考慮すれば、不透明性が絡むことになり、金融政策を転じるには難しい状況と見ている。有力アナリストは総じて「利下げ観測」支持しているが、BOEの判断は微妙だ。高値目標は230円50銭-231円00銭。


応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ/ドル] ドルに底堅さ



ユーロ/ドルは波乱含み、シティ・グループがUAE(アラブ首長国連邦)アブダビ投資庁から出資を受けたことで、市場混乱拡大による「米景気後退観測」に揺らぎが生じれば、ユーロ/ドルが調整場面を迎えることになりそうだ。EU(欧州連合)経済が「成長鈍化・インフレ圧迫増大」に陥るとの見方も拡大しており、ユーロ/ドル上昇基調に影響を与える見込みだ。高値目標は1.4800ドル付近。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ/円] 高値警戒圏



ユーロ/円は突っ込み買い、このところの投機筋を中心とするユーロ買いから「買い過ぎ」との見方が拡大しており、ユーロは高値警戒圏に入った可能性が高い。金利差が大きいだけにユーロ/円の反応は鈍いものの上値追いは避けることが妥当な水準と言える。また、ECB(欧州中央銀行)も金融市場混乱から「利上げ」が難しいと見られ、金利差拡大を期待した向きの調整売りが入り易い状況。高値目標は167円00銭。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ドル/円] 波乱含みの展開



ドル/円は突っ込み買い、UAE(アラブ首長国連邦)アブダビ投資庁によるシティ・グループ出資(75億ドル)発表を受け「信用不安」に対する警戒感が後退、米株価が大幅に反発した。一方、「信用不安」を推し量る指標として市場が注目する株価上昇を背景に「キャリー取引」が活発化、円は主要通貨に対し下落した。ドル/円はNY市場で109円台に下落したが、東京市場では米景気に対する先行き懸念が圧迫要因となり108円台半ばを推移している。サブプライム問題に端を発した金融市場混乱により生じた「信用不安」は、銀行・金融機関の資金調達を難しくしているが、シティ・グループがUAE(アラブ首長国連邦)アブダビ投資庁から出資を受けたことで、銀行・金融機関の「資金繰り」が新たな展開を迎えるとの期待も浮上、ドル売り圧迫に繋がる可能性が生じている。反面、サブプライム関連証券の評価損は拡大傾向にあり、今後も市場混乱を助長する材料が浮上することは避けられない見通し。テクニカル的に、ドル/円は105円台に接近するに連れ極めて不安定化する可能性が高いが「買い場を探る展開」と言える。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[南ア・ランド/円] 石炭価格高騰



南ア・ランドは突っ込み買い、南アから対インド向けに輸出された石炭は2007年1月-10月で730万トンに達しており、11-12月を含めると2006年の対インド向け総輸出量(30万トン)の30倍を超える見通し。また、現時点で石炭価格は世界的な需要増大から2007年初来に比べ70%以上も上昇しているが、需要期を控えるだけに今後も上値追いが続く見込み。南ア経済を支える主要な企業セクターの活発な動きは消費動向にも反映されており、南ア中銀も引き締め姿勢を維持する見通し。16円00銭近辺を買い、17円50銭台に迫れば利益確定を優先。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル/円] 信用不安拡大から下落

A11271.gif

豪ドル/円は突っ込み買い、米株式下落からリスクを回避する動きが強まり、豪ドル/円は下押した。キャリー取引を背景とした買いが高い比率を占める高金利通貨に特徴付けられる反応だが、目先筋を中心とする豪ドル/円売りと見られるだけに追随売りは勧められない。資源国としての評価に着目した買い方針維持が正攻法であり、突っ込み場面と受け取って買い場を探る姿勢を維持したい。高値目標は109円00銭。


応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[英ポンド/円] 政策動向不透明化



英ポンド/円は突っ込み買い、BOE(イングランド銀行)利下げ観測を背景に売り圧迫が強い英ポンド/円だが、住宅関連指標を除けば経済指標も底堅い推移を維持、原油高騰によるインフレ圧迫増大を考慮すれば「利下げ観測」にも不透明性が絡む。当面、利下げを意識した英ポンド/円売りも後退する見通しで、経済指標動向に焦点を移した対応が必要と言える。高値目標は230円50銭-231円00銭。


応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ/ドル]波乱含み



ユーロ/ドルは波乱含み、米・EU(欧州連合)ともにサブプライム問題を背景とした銀行・金融機関に絡む不安が拡大、信用不安を手掛かりとしたドル売りに対するユーロ反応が鈍化している。また、金利差拡大観測によるユーロ買いにも積極性が欠けており、目先筋にも高値警戒感が生じている可能性は高い。当面、乱高下を繰り返す展開も予想されるだけに模様眺め姿勢が妥当。高値目標は1.4800ドル付近。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引)を始めよう! - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ/円] 高値波乱か



ユーロ/円は突っ込み買い、ECB(欧州中央銀行)声明を契機にEU(欧州連合)域内金融機関にもサブプライムに関連する損失拡大懸念が市場に台頭していることに加え、金融市場混乱収拾に目処が立たない現状でECBが利上げを強行することも難しいだけにユーロ上昇基調が転機を迎える可能性も高まっている。当面、高値追いは避け、突っ込みを待ちたい。高値目標は167円00銭。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ドル/円] 信用不安再燃



ドル/円は突っ込み買い、フォーチュン(ビジネス誌・オンライン版/米国)は、米銀行・金融機関が巨額のリスクを抱えているとして、シティ・グループ、メリル・リンチなど米有力金融機関名を掲げ、ゴールドマン・サックス・グループはリポートでHSBCホールディングス(英有力銀行)がさらに120億ドルの貸倒引当金計上の可能性があるとしたことなどが売り材料となり米株式市場が大幅に反落したことから「信用不安」が再燃、短期筋を中心にドル売りが急増、ドル/円は107円台に下落した。テクニカル的な抵抗線と見られた108円台半ばを割り込んだ。テクニカル的には下値目処として105円台が視野に入ったわけだが、金利動向を考慮すると大きな無理が生じるだけに、同水準に接近する過程でドル/円が急騰する可能性が高く、ドル/円は105円台に接近するに連れ極めて不安定化する見通しだが、買い場を探る展開と言える。
応援クリックお願いします→

[トルコ・リラ/円] 中東和平会議迫る



トルコリラは突っ込み買い、ブッシュ米大統領は25日に「中東和平会議(27日/アナポリス(米国)」に関する声明を発表したが、任期満了を控えて何らかの政治的功績を残す目的が窺えるだけに、米国の圧力によりトルコ軍がイラン国境を侵犯する可能性は極めて低い時期と言える。ただ、トルコ中銀は緩和的な金融政策に転じており、ジリジリと金利水準が低下する可能性も高いだけに買い場は慎重に選びたい。90円台割れは買い、96円を超えれば利益確定を優先。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル/円] キャリー取引活発化



豪ドル/円は突っ込み買い、米国株上昇を背景にリスク懸念が後退したこと受け「キャリー取引」が活発化、豪ドル/円は上昇している。目先筋を中心とした動きだけに本格的な上昇に繋がると言い切れない。また、24日に実施された豪総選挙では、ラッド党首が率いる「労働党(野党)」が勝利を収めたが、現時点では中立的な要因だ。ただ、公約内容からすれば金融政策に影響は低いと見ている。高値目標は109円00銭。


応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[英ポンド/円] GDP伸び率に失望



英ポンドは突っ込み買い、ONS(英政府統計局)統計局から発表された英・2007年第3四半期GDP(国内総生産)改定値が市場予想を下回り、目先筋を中心に売り圧迫が強まったことから英ポンド/円は下落したが、住宅関連指標を除いて経済指標は総じて確りした推移を維持しており、方針を転換する場面とは言い難い。高値目標は230円50銭-231円00銭。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ/ドル] ドル、下値模索



ユーロ/ドルは下値模索、欧米ともにサブプライムを背景とした銀行・金融機関損失拡大懸念を抱えるなか、FRB(連邦準備制度理事会)利下げ観測を手掛かりに「ユーロ」が優勢を維持しており「ドル」は下値を模索する展開だが、ユーロ上昇がEU(欧州連合)域内景気に悪影響を与える水準に達しており、安易に高値を追うことは避け、突っ込みを買い拾う方針を勧めたい。高値目標は1.4800ドル付近。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ/円] ECB声明に注目

E11261.gif

ユーロ/円は突っ込み買い、ECB(欧州中央銀行)は23日に「主要買いオペを通じ指標水準を上回る流動性を市場に供給する政策を強化する」との声明(概要)を発表した。市場ではサブプライムに関連する損失拡大を背景に銀行・金融機関の資金調達コストが上昇することを防ぐことが目的と受け取られ、EU(欧州連合)域内でもサブプライム問題の影響が深刻化しているとの見方を拡大させている。当面、高値追いは避け、突っ込みを買い拾う対応が妥当と言える。高値目標は167円00銭。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ドル/円] 株価動向に注目



ドル/円は突っ込み買い、サブプライム問題を背景に欧米銀行・金融機関は既に巨額の損失を発表しているが、格付け機関によるサブプライム関連証券「格下げ」が依然として続いていることから、損失は拡大する見通しだ。市場参加者は株価を銀行・金融機関動向を推し量る指標として注目しており「経済指標」を上回る影響を与える場面が目立つ。ただ、銀行・金融機関による相次ぐ損失発表を受け株価動向も不安定化、安易な追随はリスクを背負う可能性が高いことも念頭に置く必要がある。特に、目先筋は株価動向に対する反応が敏感であり、波乱要因ともなっていることから動きに惑わされないことが肝要だ。当面、金利見通しをベースに株価動向を波乱要因として対処したい。市場ではFRB(連邦準備制度理事会)が、12月に「0.25%の追加利下げ」を実施することを織り込んでおり、「0.50%の追加利下げ」を織込み始めているが、クリスマス商戦・雇用動向などFRBの判断に影響を与える要因もあり、「追加利下げ予想」にも不透明性が絡んでいることも要注意だ。108円00銭-108円50銭辺りが下値目処となる。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME |  »

注意喚起

当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。店頭バイナリーオプション取引「LION BO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダーバイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルすることはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。「LION BO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のあるリスクが高い金融商品です。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引および店頭バイナリーオプション取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

商号:ヒロセ通商株式会社
業務内容:第一種金融商品取引業
登録番号:近畿財務局長(金商)第41号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)

FC2Ad

 

新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

応援クリックお願いします


人気ブログランキング

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する