ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2011-12

[全般]  欧州債務懸念払しょくできず

前日のイタリア短期債入札は予想以上に好調であったものの、この日実施される長期債入札に関しては不安が残りアジア市場開始直後もユーロの下落は継続。ユーロ円は今年の最安値を更新した。欧州市場に入りイタリア2年から10年国債の入札が実施されたが期待程の結果は得られなかったことからユーロへの不信感が少しずつ増す動きとなった。ユーロ売りが強まり対ドルでも今年最安値を更新。その後米国新規失業保険申請件数が減少した事やECBによるイタリア国債購入動きがみられた事でユーロの買い戻しの動きが強まった。前日のECBバランスシート拡大への懸念や来年前半のイタリア国債の大量償還への不安もあり市場は欧州債務問題を背景に休暇明けから再びユーロ売りを仕掛けてきた。今日は年末最後の取引日となることから一旦は買い戻しの動きがもう一段強まると見る。勝負は年明け最初の週の動きにかかっている。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]  レンジの下値を試す展開か

(米ドル円日足)

USD_JPY_20111230_hiashi.jpg

前日のECBバランスシート拡大懸念で下落傾向の強まったユーロ円の売りによる円高の動きがドル円の上値を押し下げてきている。昨日も朝方からドル円は上値の重い展開で始まった。その後欧州市場で実施されるイタリア国債入札を前に一旦は買い戻しの動きも見られたものの、ドル円の下落はNY市場に入っても続いた。これまでの狭いレンジ内での長期間にわたりもみ合いが続いた事で纏まったデジタルオプションが上下に置かれているとみられる。結局円高方向への思惑が多いことからドル売りにポジションを傾け始めていることから今日は下値を試す展開が続くとみてよい。今月12日に付けた安値77円50銭には損切りも含めた売り注文が並んでいることから、このレベルを超えると77円付近まで8日に付けた安値77円11銭が次のサポートになる。年末という事もあり、安値を付けた後は買い戻しが入りそうだ。

米ドル円予想レンジ:77円90銭~77円10銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ円]  100円割れを狙う

(ユーロ円日足)


この日実施されたイタリア国債入札は微妙な結果となった。14年償還債は5.25%と前回の7.89%から低下したものの発行額は25億ユーロと目標上限の30億ユーロに届かなかった。22年償還債利回りも6.98%と前回の7.56%から低下したものの危険水域である7%付近での高水準となった。発行額も全体で目標額上限に達しなかった事ユーロは対ドルで今年1月に付けた最安値1.2873を下回る1.2856まで下落。ユーロ円でも10月4日に付けた安値100円73銭を下回る100円05銭まで下落し100円割れ寸前まで進んだ。短期筋は日足のボリンジャーの下限である100円を意識していることからその手前で利食いの買い戻しを入れ100円ミドル付近でNYを引けた。今日も再度100円割れを試しにいきそうが、年末ということから抜けるのは難しいとみる。

ユーロ円予想レンジ: 101円00銭(50%)~100円00銭(ボリンジャー下限)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロポンド]  ユーロ下落を上回る

(ユーロポンド4時間足)


イタリア国債入札が目標の上限額を達成できなかった事から英国10年債が買われ利回りは低下。しかし、ポンドはこれまでユーロに対して買われていたことから利食いも含めポジションの巻き戻しが活発となった。年末要因という事もあり今日ももう一段の買い戻しの動きが強まりそうだが、中期的な売りは変わらないとみる。戻しのレジスタンスは下降トレンドとクロスする61.8%戻しの0.84ミドルが売り仕込みのレベルと見る。

ユーロポンド予想レンジ:0.8450(61.8%)~0.8395

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]ユーロ売り圧力で再開

オセアニアやロンドン市場も昨日からクリスマス休暇が明け海外市場では少しずつ活気が戻り始めてきた。この日は欧州時間にイタリアの6カ月もの短期債入札が実施された。入札利回りは前回の7.814%から4.853%と大きく低下するなど応札倍率ともに好調な結果となったが、10年物国債利回りは反対に再び7%台に乗せてきた。入札実施自体は好感されたものの、本日行われる中長期債入札に対する懸念が燻る結果となった。その後発表されたECBバランスシートが2.73兆ユーロと過去最大規模に拡大した事を受けユーロは急速に値を下げ始めた。先週1週間の実施された銀行融資が2140億ユーロ急増した事が影響している。バランスシートがここまで拡大している事は既に市場では当然のことと捉えられているものの、ECBがここまで資金供給すること自体それだけ欧州危機が深刻であるという事だ。クリスマス休暇が明けた事で投機筋のポジションを傾けやすい事もありユーロ売りからスタートしたという事だ。この動きが一時的なものかどうかは今日のイタリア国債入札の結果を見てからになる。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]米国、日本の介入に批判

(米ドル円時間足)

米国財務相はこの日主要貿易相手の為替政策を分析した報告書を発表。その中で日本の政府日銀が8月と10月に実施した単独介入に対して米国は指示しなかった事を明らかにした。この時期のドル円の値動きはユーロの変動に比較して低く、その必要性はなく競争力強化などに抜本的方策をとるべきとした。一部では今後の介入がやりにくくなるという見方も聞かれるが、これ自体はある程度予想されたものだ。また、それでも介入を実施したということは寧ろそれだけ日本は円高を阻止するためには今後も欧米の反対があっても介入を継続するという事だ。結局この日のドル円はアジアから欧州にかけて下落したもののNY市場ではユーロ下落に伴いドルが上昇した事で長い下ひげを伸ばして終了。市場はユーロ中心の動きであってドル円は正月を控え値動きは狭まることになるだろう。

ドル円予想レンジ:78円10銭~77円60銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ円]ECBのバランスシート拡大

(ユーロ円日足)

この日はイタリアの6カ月短期債入札が実施された。入札利回りは前回の7.814%から4.853%と大きく低下。応札倍率も2.24倍と前回の1.49倍を大きく上回るともに好調な結果となったが一方で10年物国債利回りは再び7%台に乗せてきた。入札実施自体は好感されたものの、本日行われる中長期債入札に対する懸念が燻る結果となった。その後発表されたECBバランスシートが2.73兆ユーロと過去最大規模に拡大した事を受けユーロは一気に下落に転じた。先週実施された3年物資金供給により2140億ユーロ急増した事が影響している。既にこの結果は周知の事実であったものの、クリスマス休暇明けでもありポジションをユーロ売りから始めたという事だろう。今日のイタリア中長期国債の結果が前回を下回るようであればユーロ売りが更に拡大する事になる。特に今週は市場の流動性が低いことからユーロ円は100円を試しに行くリスクが非常に高いと見る。

ユーロ円予想レンジ: 101円50銭~100円00銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円]一目の雲に沿って下落

(豪ドル円日足)

オーストラリアは英連邦でもあり昨日がクリスマス休暇明けとなった事で再び取引参加者が戻ってきた。値動き自体はまだ打診的なものが目立ちそれ程大きな動きは見られないものの、ECBのバランスシート規模拡大やイタリア国債入札などへの懸念から豪ドルは上値の重い展開で始まった。一目の雲の厚みが今週に入り急速に低下しており、実勢レートもこの雲に合わせるように下落している。今日は雲の下限が78円ちょうどに位置していることからこのレベルは強いサポートと見てよいだろう。上値はパラボリックのSARが79円前半に頭を押さえてくる。このレベルを超えるようであれば上昇に転換するとみるが、今日のイタリア国債入札次第となりそうだ。

豪ドル円予想レンジ:79円20銭(SAR)~78円00銭(雲の下限)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]堅調な出足の米国株式

クリスマス休暇明けとなったNY市場では先週に引き続き株式は堅調な地合いとなった。この日はオセアニアやロンドンといった主要な取引市場がボクシングデーで休場のためアジアから欧州市場にかけては動意の乏しい動きが続いた。クリスマス明けのNY市場ではケースシラー住宅価格が前年比3.4%と予想の3.2%を上回る下落となったことで軟調な地合いでスタート。しかし、その後発表された12月の消費者信頼感指数が64.5と予想の58.9を大きく上回った事に市場は反応。株式市場が上昇に転じるとリスク選考の動きからドル安・円安が進んだ。しかし、明日のイタリア国債入札では市場参加者が少ないことから低調な地合いになるとの観測もありユーロの上値は重く、今年最安値に近いレベルでのもみ合いだけにいつ下落するか不安定な動きが続く。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]膠着状態継続

(米ドル円日足)

今月に入りドル円の値幅は1円しか動きがない。これは1980年以来の小幅な値動きとなるなど膠着状態が続いている。膠着状態が続けば続くほどオプションの売りが多くなることから更にドル円は値動きが狭くなってくる。77円から78円ミドル付近でのデジタルオプションと考えられる。このレンジの手前では防戦の動きが働くものの、もし抜けた時にはその抜けた方向に大きく動くことになる。この薄商いのなかで付けに行くだけの力は今のところなさそうだ。日足のボリンジャーバンドでは中心移動平均線が上向きに傾いていることから、抜けるとすれば上昇方向と見る。

ドル円予想レンジ:78円20銭~77円70銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]明日のイタリア国債入札への懸念

(ユーロ米ドル日足)

ボクシングデーのためロンドン市場は休場のためユーロも小幅な動きに終始。アジア市場ではリスク選考の動きもあり底堅い動きが続いた。しかし、明日のイタリア国債の入札がこのまま参加者不在の中で行われれば低調な結果となるとの観測が広がり1.3ドルミドル付近まで下落するなど上値の重い展開が続いている。パラボリックのSARが1.32ドルまで下落してきており、このレベルはボリンジャーの中心線と重なるだけにかなり重いレジスタンスになった。このレベルを超えられる事が出来れば1.35付近まで上昇の可能性が出るものの、今の地合いからみてもそれはかなり難しい。寧ろ、今年1月に付けた最安値1.2870付近を試すほうが簡単だろう。

ユーロドル予想レンジ: 1.3100~1.3020

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド米ドル]ロンドン休場を狙う

(ポンド米ドル日足)

前日に引き続きロンドン市場はこの日もボクシングデーのために休場。その参加者の少ない中でポンドは上下に乱高下を繰り返した。アジア市場では朝方から売りが強まり1.56ドルを一時割り込んだポンドだが、その後はリスク選好の動きからドル売りが強まるとポンドは上昇に転じた。特に欧州市場が始まる時間帯には1.5670付近まで上昇したが直ぐに利食い売りに押された。その後NY市場で発表の12月の消費者信頼感指数が予想を大きく上回ったため再びリスク選好のドル売りからポンドは上昇。完全に短期の投機マネーがポンドを狙い撃ちした観がある。日足のボリンジャーバンドの中心線が強いサポートになっているため底堅さが目立った。今月に入り1.57ミドルが上値を完全に抑え込んでいるものの、1.56のボリンジャーバンドをサポートとして今日はレンジの上限を試す展開とみる。

ポンドドル予想レンジ:1.5750~1.5630

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]クリスマス振替休日

26日月曜日は日本以外のほとんどの主要な市場がクリスマスの振替休日のため休場となり為替市場もほとんど値動きは見られなかった。本日もオセアニアや香港、そしてロンドン市場が休場となるため値動きは前日と同様にかなり限られることになるだろう。特にここからポジションを傾けるほどの材料もないが、動きがあればついて行くだけだ。
NY市場は今日からスタートするが、米国景気回復の兆しからNYの株高の動きが継続するようであればリスクオンの動きからドル安・円安の動きが継続することになるため、NYダウの動きに注目したい。

本日は為替市場がほぼ休場の状態となり各通貨コメントはありません。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]欧州と米国の景況感デカップリング

この日は日本の祝日という事や欧米のクリスマス休暇を前に市場は全般に薄商いのなか円は弱含みで始まった。欧州市場が始まるとすぐにフランス7-9月GDP改定値が発表された。前回の速報値から下方修正された事で今後の欧州経済の失速懸念が強まった。材料が乏しい中で普段はそれ程注目されないが、ここにきて市場は反応しやすくなっていたようだ。その後NY市場に入り米11月耐久財受注や個人消費支出、新築住宅販売といった景気指標のすべてが予想を上回る好結果を示すものとなった。欧州域内における経済失速懸念に対し、米国の経済成長への期待の違い、いわゆるデカップリングの兆候が表れ始めている。結果的にユーロは弱含む一方でドルは全般に底堅い動きが目立った。
今週はいよいよクリスマス明けという事から再び欧米勢は次の動きを模索し始める事になりそうだ。年末越えのドル需要の高まりからドルは全般に底堅い動きになるとみる。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]78円を割り込まず

(米ドル円日足)

この日は日本の祝日という事もありドル円は普段にも増して値動きの乏しい一日となった。
朝方からドル円は堅調な動きで始まり78円20銭の高値を付けた後はじりじりと値を下げた。このレベルには輸出業者の売り注文が並んでいたとみられ結局薄商いの中で買いサイドの注文が見られず押し下げられた。NY市場に入り米経済指標が軒並み予想を上回る数字が発表された事で再び78円15銭まで上昇したものの週末ということもあり結局押し戻されて終わった。ポジションはほとんどこの時点ではニュートラルに近いことから売り注文が出るとその分重くなってしまう、典型的なクリスマス相場となった。結局この日は78円を一度も割り込まないで終わったことからそろそろ底固めを終えて今週は上値を試す展開になりそうだ。ボリンジャーの上限バンドの位置する78円40銭を見に行くとみる。

今週のドル円予想レンジ:78円40銭(ボリンジャー上限)~77円70銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]年越しも引き続き欧州債務危機懸念

(ユーロ米ドル日足)

欧州時間に発表されたフランスGDP改定値が前期比0.3%増となったことで一時ユーロは上昇したものの、速報値からは下方修正された事で失速。欧州全般に景気後退懸念の強まる中でこの日のイタリア国債は再び7%の危険区域レベルに上昇。来年早々に国債償還を迎えるという事もありユーロ圏債務危機への不安は年を超えて持ち越されることになる。
今週はクリスマス明けとなるものの年末最後の週ということから薄商いはこのまま継続され、値動きは限られそうだ。ボリンジャーの中心線が下降方向になりパラボリックのSARもその動きに沿った形で下げている。実勢レートはそのレベルに向かっており今週はサイクル的にその線とぶつかることになる。ちょうど今のパラボリッの1.32ミドルから100ポイント下のレベルがその時で、それが下落の始まるサインとみる。

今週のユーロドル予想レンジ:1.3150~1.3000

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド米ドル]英国住宅ローン申請悪化

(ポンド米ドル日足)

ポンドはユーロや他の通貨に対してこの日は最も大きく売りが強まった。長期休暇中の薄商いの中で発表された英国11月住宅ローン承認件数が10月の改定値を下回った事でポンドの売りが強まった。普段ではそれ程影響はないものの市場参加者の少ないところでの悪材料に市場は過度に意識。BOEの追加緩和への期待から10年国債利回りが初めて2%を割り込んだことでポンド売りが強まった。先週は一目の雲の下限で結局上値を抑えられたことから今週は下値を試す展開となりそうだ。この日の安値である1.5590付近はボリンジャーと一目の転換線がサポートしていることから強いサポートになっている。しかし、この日は最安値でNYを引けた事で下落の勢いはまだ継続するとみる。今週の下値目標はボリンジャバンドの下限となる1.54ミドルとみる。

ポンドドル予想レンジ:1.5750(ボリンジャー上限)~1.5450

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]リスク選考からクロス円全面高

前日実施されたECBの3年物資金供給が市場では欧州債務問題解決に大きな前進との判断が欧州市場で広がる中イタリア議会でモンティ政権が財政包括案を承認。また、この日発表された米新規失業保険申請件数やミシガン大消費者信頼感指数、FHFA住宅価格指数といった米国経済指標が軒並み予想以上の好結果を示したことでリスク選考の動きが強まった。これにより欧米の株式市場や原油などのリスク商品が上昇した事でクロス円が全面高の展開。ドル円も底堅い動きに終始。市場は全般的に薄商いが続くものの安心感が広がっている。今日は日本が祝日となるため更に取引は閑散となるため昨日の流れを引き継ぎリスク選考の動きが続くと見る。特にオセアニア通貨などはまだ上値余地は大きいとみる。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]安心感が広がり円売り強まる

(米ドル円日足)

米国新規失業保険申請件数が予想以上に減少した事や消費者マインド指数の改善したことなどから米国経済への期待感がこの日は強まった。前日のECB資金供給も一部には悲観的な見方があったものの総じて評価は高い。リスク資産への買いが強まったことからクロス円も全般に底堅い動きとなりドル円は78円台前半でNYを引けた。リスク回避から買われていたドルも売りが見られたが、米経済への期待でドル買いの動きも混じり結果的に円売りが先行しやすい地合いだ。今日は日本の祝日ということからドル円の取引自体は乏しくなるが、一目の雲が底をサポートしていることから薄商いの中を狙って上値を試す展開もありそうだ。

ドル円予想レンジ:78円60銭(23.6%)~78円00銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ円]底が切り上がる

(ユーロ円日足)

前日に実施されたECBの3年物資金供給に多くの金融機関が殺到した事に対し欧州金融機関の苦しい状況を表すものという見方からユーロ売りに回るところも見られる。しかし、結果としては欧州債務危機の解決にとって前進した事は間違いなく、全般的には安心感が広がっている。欧州時間にメルケル首相の経済顧問が半年以内にドイツが姿勢を変えない限りユーロには未来がないと発言した事でユーロ売りが強まった。しかし、その後イタリア議会がモンティ政権の300億ユーロ規模の緊縮財政パッケージを最終承認した事を受けユーロは再びしっかりとした動きに転じた。ユーロ円の日足チャートではボリンジャーバンドの中心線が下降トレンドの中で実勢レートが近付いていることから今日はこの中心線のある103円を目指す展開となりそうだが、パラボリックの位置する103円30銭は強いレジスタンスとみる。

ユーロ円予想レンジ:103円00銭~101円80銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円]雲の上限を試す

(豪ドル円日足)

アジア市場ではほとんど動意が乏しく値動きは見られなかったものの、欧州市場に入り買いが徐々に強まってきた。前日のECBの3年物資金供給の影響もある中でイタリアの財政緊縮法案が承認されるなど安心感が広がった。また、この日は米国の新規失業保険申請件数や景気指数が予想以上に改善された事もリスク選考の動きを強めた。
一目の雲の中で不安定な動きではあるが雲の上限である79円70銭を試す展開と見る。このレベルにはパラボリックのSARが重なっていることからかなり強いレジスタンスになっている。今日は金曜日という事もありこのレベルを超えるのは難しく利食いのレベルとみたほうがよさそうだ。

豪ドル円予想レンジ:79円70銭~78円90銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]ECBオペで銀行殺到

この日実施されるECBの期間3年の流動性供給オペへの期待からアジア市場から欧州市場にかけてユーロは底堅い動きで推移した。供給オペでは523の金融機関が参加し4900億ユーロ近い供給額となった。これは予想された額の1.5倍となったことを受け最初はユーロ買いが強まった。しかし、これだけ供給されるという事はそれだけ欧州の銀行の苦しさを表わすものとの判断が市場に広がりユーロは一気に売りに転じた。この資金で銀行が国債買い取りに回るかどうか不透明ということだ。また、一時低下傾向にあったイタリアやスペインといった国債利回りが再び上昇。
結局この日ユーロは往って来いとなりドルは全般に強含みで推移。一方向に動いた後は最後にはポジションを閉じることになるという典型的な薄商い相場だ。この動きはクリスマス明けまで続くとみる。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]リスク回避からのドル買い

(米ドル円時間足)

ECBがこの日3年物資金供給オペを実施したが、金融機関は応募の約1.5倍の金額を調達した事で寧ろそれだけ金融機関の実態が苦しいとの見方が広がった。また、その資金でイタリアやスペインなどの国債買い取りに回るかどうかも不透明ということから再びリスク回避の動きが強まった。前日にはリスク選考の動きからドル売りに動いた反動から再びこの日はドル買いが強まるなど日替わりメニューのような動きが繰り返されている。ドル円は、その中でもじりじりと底値が切り上がる展開が目立つ。しかし、しょせん薄商いの中での取引のためレンジを超える事は難しい。もし、78円10銭~77円70銭のレンジを超えた時には寧ろ逆張りで迎え撃つほうが面白そうだ。

ドル円予想レンジ:78円20銭~77円70銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]ECBの供給オペへの期待と不安

(ユーロ米ドル日足)

前日に実施されたスペイン5年国債入札が堅調な結果となったことからユーロは底堅い動きで始まった。この日行われるECB3年物供給オペへの期待も高まり欧州市場にかけてユーロは上昇。ECBの供給オペでは523の金融機関が参加し4900億ユーロ近い供給額となり、これは予想された額の1.5倍であったことから最初はユーロ買いが強まった。しかし、これだけの額を入札するという事は寧ろ銀行の実態がそれだけ苦しいという事を表すものとの判断が広がり市場は一気にユーロ売りに転じた。また、この資金がスペインやイタリアの高利回り国債に向かうかは不透明という不安感も売りの背景にあり、結局ユーロはこの日往って来い。薄商いのためポジションを傾けにくい状況が変わらない。高値は1.32付近までとなりボリンジャーバンドの中心線である1.3280付近が上値を抑えている。長い上ひげを伸ばしたことで今日は上値の重い展開となりそうだ。
アジア市場から欧州市場にかけてユーロは底堅い動きで推移した。供給オペでは523の金融機関が参加し4900億ユーロ近い供給額となった。これは予想された額の1.5倍となったことを受け最初はユーロ買いが強まった

ユーロドル予想レンジ: 1.3130(38.2%)~1.3000

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[NZドル円]買いサイン

(NZドル円日足)

早朝に発表されたNZの経常収支が-4.3%と予想の-3.9%を上回った事から売り先行で始まった。しかし、ECBがこの日3年物資金供給オペを実施することへの期待感の高まりからリスク選好の動きが強まりアジア市場では総じて堅調な動きで推移。しかし、予想以上の入札額により寧ろそれだけ危ない銀行が多いという観測から再びリスク回避の動きが強まりNZ円は下落に転じた。その後は薄商いの中でポジション調整の買いが強まるなど不安定な動きがみられる。
今朝方発表されたNZの7-9月GDPが前期比0.8%増と発表された事から一時買いが強まったが、前日の利食い売りに押されている。2日前にパラボリックが売りから買いのサインに転換している事から底堅い動きが今後も継続するとみる。一目の雲の下限となる61円が目標となるがその前に昨日の高値60円36銭付近にはまだ売りが並ぶとみる。59円80銭付近から買い下がり59円50銭にストップを置く。

NZドル円予想レンジ:60円80銭(12月8日高値)~59円70銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。

応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]リスク後退からドル全面安

前日の金正日総書記死去の報道でリスク回避のドル買いも、一日経過したこの日は一転、
薄商いの中で欧州や米国市場で立て続けに発表されたプラス材料によりドルが全面安の展開となった。
欧州時間に発表されたドイツのIFO景況感指数が予想を上回り、その後行われたスペインの国債入札では平均利回りが大幅に低下したことでユーロ買いの動きが活発。また、NY市場では11月の米住宅着工件数が68.5万件と予想の63.5万件を上回り2010年4月以来最大となった事受けNY株式市場は大幅高となった。これらを受け前日までの悲観的な見方から一気に楽観的な雰囲気に市場は変わりリスク選考の動きが強まった。しかし、前日からの動きも含め市場の流動性はクリスマスを控え低下していることが要因と見る。目先の材料に短期的な反応を示すもので、一度悪材料が出れば一気にこの流れも変わることになる。明日のECBの3年物オペに差し入れる担保としてスペイン入札が堅調な地合いになったとみられる事から、このオペへの期待が高い事から終われば再びユーロ売りが強まりかねない。今日は昨日の上昇の反動が欧米市場で出始め、結局前日の元のレベルに戻る動きになるとみる。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

続きを読む »

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]レンジに入り込む

(米ドル時間足)

前日の金正日死去によるドル買いで付けた高値78円17銭で一先ず今週の上値の限界を見てしまったようだ。実需筋もこのレベルを基準にその手前から売りを並べてきたとみられる。昨日はスペイン国債入札が好調な結果に終わったことや米国11月住宅着工件数が予想以上の強い数字であった事もあり前日からのドル上昇の反動からドル円は77円70銭付近へと押し戻された。しかし、下げの勢いもそれ程なく商いの薄さを示すものだ。クロス円の買いがここにきて若干強含みに転じた事でドル円は比較的底堅い動きが期待できそうだ。
少し取引金額を増やし77円70銭手前で買って78円台で利食いを出す細かい取引に徹する。

ドル円予想レンジ:78円10銭~77円70銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]欧州株債券が堅調な地合い

(ユーロ米ドル時間足)

欧州市場で発表されたドイツのIFO景況感指数が予想を上回り、その後行われたスペインの国債入札では堅調な地合いとなったことでユーロは反発した。この日の入札では3カ月物と6カ月物を合わせた調達額が56.4憶ユーロと目標額の35~45憶ユーロを上回った。また、落札利回りも3カ月物が5.11%から1.74%へ、6カ月物が5.23%から2.44%へと急低下したことで市場に安心感が広がった。22日に実施するECBの3年物オペに備えて購入しているとの見方が強く、この国債を担保にECBから安コストで調達しようというものだ。しかし、投資家の商いは全般に低調でクリスマス前の短期的な動きで終わるとみている。今日は昨日の楽観ムードがそろそろ薄れる頃で、フィボナッチ38.2%1.3130をバックに売りで攻める。

ユーロドル予想レンジ: 1.3130(38.2%)~1.3000

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円]RBA議事録、欧州への懸念強く

(豪ドル円日足)

12月6日に行われたRBA会合での議事録がこの日発表された。金利に関しては欧州債務危機に伴う世界の経済成長へのリスク拡大重視して利下げを実施したものの、国内経済は拡大を継続しているとした事を市場は好感。前日の金正日総書記の市況によりリスク回避の動きから売りが強まったものの、時間の経過とともにリスクも後退した時だけに買いが強まった。また、スペインの国債入札が堅調な結果となった事や米住宅着工が予想を上回るなどリスク選好の動きが強まると更に豪ドル買いが進んだ。特に、豪州10年国債利回りが過去最低水準をつけるなど、豪州への資金の流入も豪ドルの底堅さを支えている。一目の雲の中に再び突入したが、クリスマス休暇による商いの低調な地合いのなかで値動きは軽く、今日は50%戻しの78円60銭付近では利食い売りが上値を抑えてくるとみる。

豪ドル円予想レンジ:78円60銭(50%戻し)~77円70銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]金正日書記長の死去で有事のドル買い

東京の正午に北朝鮮書記長金正日死去のニュースが飛び込んだ。これを受け朝鮮半島情勢の不安定化への警戒が強まり、有事のドル買いの動きが活発となりドルは全面高。ドル円は一時78円15銭まで上昇した。また、欧州時間に入り北朝鮮がミサイルを発射したと伝わり韓国のウオンや株が下落するなど地政学的リスクが高まった。ミサイル発射金正日の死去とは無関係であったことが明らかになった。ドルは結局時間の経過とともに元のレベルは戻る往って来いとなったが、北朝鮮内部での動きが見えない間は今後もリスクが伴う事になる。
一方、この日ユーロ圏財務相電話会議が開かれIMFへの2000億ユーロ拠出や財政協定について協議され、債務危機に向けて積極的な対応を市場は好感。しかし、明日のスペイン国債入札を控えユーロは引けにかけて軟調な地合いとなった。今週は市場参加者が少なく流動性が低いことから北朝鮮のニュースなどに過剰に反応しやすく、この動きは本日も継続するとみる。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME |  »

注意喚起

当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。店頭バイナリーオプション取引「LION BO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダーバイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルすることはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。「LION BO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のあるリスクが高い金融商品です。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引および店頭バイナリーオプション取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

商号:ヒロセ通商株式会社
業務内容:第一種金融商品取引業
登録番号:近畿財務局長(金商)第41号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)

FC2Ad

 

新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

応援クリックお願いします


人気ブログランキング

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する