ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2016-07

[米ドル円]日銀追加緩和期待

(米ドル円2時間足)


東京市場でドル円は乱高下となった。政府の経済対策が27兆円になるとの見通しが示されたことでドル円は105円前半から一気に106円54銭まで上昇。ちょうど昼にかかる時間帯という事もあり薄商いの中での上昇となり、すぐに押し戻された。しかし、その後WSJ紙が「財務省が50年債の発行を検討している」と報道。ドル円は再び106円台に乗せてきた。
しかし、その後政府が否定したことで再び105円付近まで押し戻されるなど、荒っぽい動きが目立った。それだけ、明日の日銀会合への注目度が高いという事であり、どちらに行ってもおかしくないという事だろう。
FOMC会合後にドル円は再び106円に乗せたものの、東京市場で2度跳ね返されたことで売りが並んだ。FOMCの結果はどちらかといえばタカ派的であり、ドル円の底値は切り上がったとみる。
ただ、全般にポジションの偏りは見られず、今日も短期的に振りはあっても「往って来い」になりやすい。

ドル円予想レンジ:106円20銭(61.8%)~104円50銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]高値面合わせの戻り売り

(ユーロ米ドル時間足)


FOMC会合発表直後にユーロドルは1.10ドルから1.0955ドルまで下落し、その後反発。声明文ではタカ派的な色の濃い内容となりドル買いに反応。しかし、その後は寧ろドル売りユーロ買いが進んだ。結果的にユーロのショートポジションカバーが入ったとみた方が良いかもしれない。先週7月18日に付けた高値1.1085ドルから下落が始まり1.0950ドルの安値まで売り込んだユーロショートが残っていた模様。昨日もFOMC後にこのレベルを下回らなかったことで底値の堅さが確認された格好だ。
FOMCや日銀会合が終われば次はECBの追加緩和期待が高まる可能性が高く、ユーロの上値はどうしても抑えられ易い。
下落前のレベルである1.1088ドル付近との面合わせで上抜け出来ない場合には再度売りを出していきたい。

ユーロドル予想レンジ :1.1080~1.1020(50.0%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル米ドル]上昇チャネル辛うじて継続

(豪ドル米ドル4時間足)


昨日の東京時間に発表された豪州4-6月期CPIは予想通り0.4%となったが、コアCPIが予想を上回ったことで豪ドルドルは上昇。しかし、この日はFOMC会合を控えポジションの手仕舞いがすぐに入り往って来いの状態となった。寧ろ、豪ドルの売りを誘ったことで下落基調に変わった。
FOMC会合では予想通り政策金利据え置きが発表された途端豪ドルドルは0.74ドル付近まで下落。しかし、すぐに0.75ドルまで反発する等、荒っぽい動きとなった。
発表を挟んで投機筋が仕掛けたような動きが見られ、上昇チャネルの下限がブレイクされた。最終的に終値ベースで下限を上回ったことで上昇基調は継続とみる。
原油価格の下落など豪ドルドルにとっては向かい風が吹くものの、米長期金利の低下が豪ドルドルの押し上げ要因となる。
基調はしっかりとしており、押し目買いは継続。

豪ドルドル予想レンジ:0.7550(50.0%)~0.7460

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]FOMC後は日銀会合控え神経質な展開へ

昨日の東京市場は日本の経済対策や日銀追加緩和期待などから荒っぽい動きが目立った。
前場での為替や株式市場は比較的穏やかな幕開けとなったが、昼にかけてドル円は上昇。政府の経済対策規模は27兆円超になる見通しとの報道が流れたためだ。ドル円は105円前半から106円ミドルまで一気に上昇。一旦は押し戻されたが、その直後にWSJ紙で「日本政府は景気対策で50年債の発行を検討している」との報道が流れ再び上昇。しかし、すぐ後に財務省が50年債の発行を否定すると再び下落に転じるなど、荒っぽい動きとなった。最終的にほぼ「往って来い」の状態となったものの市場では日銀や政府に対し、再び期待が広がり始めたことは確かだろう。
NY市場では注目のFOMC会合が開かれ、その声明文の内容を巡ってこちらも乱高下。
FOMCは現行の政策金利0.25-0.5%を予想通り据え置きを決定した。
声明文では景気見通しの短期的なリスクは後退したと明言。これを受けドル円は上昇。一方で株式市場にとってはネガティブ材料となりリスク回避の高まりから円が買われドル円は上昇後下落に転じ往って来いの展開となった。FOMC声明の内容を見るとブレグジットや労働市場への懸念は後退。一方、インフレ期待は低いままであるといった結果が示されただけだ。具体的な利上げには触れていないものの、今後の雇用統計などの結果を踏まえ9月利上げの可能性を残した。
しかし、米長期金利は一気に1.5%まで低下するなど、実際の年内利上げに関しては慎重な見方が伺える。
結果的に、今回のFOMCは予想の範囲内という結果として受け止められる。
市場の次の注目は明日の日銀会合に移る。昨日の東京市場の動きをみるとほぼ追加緩和に関しては織り込んでいる。後は、市場が予想する以上の緩和政策が打ち出されるかにかかる。万が一、何も出なければ一気に円高に向かう可能性があるが、それは今の時点では考えなくてもよいだろう。政府と日銀が歩調を合わせることでアベノミクスの再始動への期待が高まるかが焦点になりそうだ。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。店頭バイナリーオプション取引「LION BO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダーバイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルすることはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。「LION BO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のあるリスクが高い金融商品です。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引および店頭バイナリーオプション取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

商号:ヒロセ通商株式会社
業務内容:第一種金融商品取引業
登録番号:近畿財務局長(金商)第41号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)

FC2Ad

 

岡安盛男のもりもりトレード情報!



新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

応援クリックお願いします


人気ブログランキング

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する