ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2017-10

[米ドル円]北朝鮮リスクも一時的

(米ドル円2時間足)


ドル円は動意の乏しい中で112円台での膠着状態が依然として続いている。
昨日の東京市場では米長期金利の低下に伴いドル円は112円ミドルからじり安となり、欧州市場に入ると112円21銭まで下落。その後は買い戻しが入ったものの値動きは限られた。
NY市場の引けにかけて北朝鮮で地震が発生したとの報道で核実験の可能性があるとの見方からリスク回避の円買いが強まりドル円は112円13銭まで売り込まれた。しかし、自然の地震の可能性もあり売りは続かず下げ止まった。
自然か人工かは東京時間に判明するとみられるが、核実験が行われたとしても市場への影響は既に反応済みということで限定的。
反対に、自然の地震であれば材料が乏しい中でドル円は112円後半に上昇する可能性が高いとみる。
ただ、決定的な材料不足の中で112円台での膠着状態をブレイクするまでには至らないとみる。

ドル円予想レンジ:112円70銭(50.0%)~112円00銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド米ドル]EU離脱交渉を巡り一喜一憂

(ポンド米ドル日足)


ブレグジットの行方を巡りポンドは一喜一憂の動きが続いているが、全般に投機筋を中心とした短期取引の傾向がみられる。
昨日のロンドン時間にEUのバルニエ首席交渉官が「EU離脱交渉は行き詰まっている」と発言したことでポンドドルは1.32ドル前半から1.31ドル前半まで100ポイント近く下落した。
しかし、その後バルニエ交渉官が英国に対して2年間EU市場に留まることを提案したことが伝わると買い戻しの動きが強まり1.3290ドルまで上昇するなど往って来い。
結果的に日足チャートを見ると長い下足を伸ばしたことで底堅さが確認された格好だ。
離脱交渉は長期的なもので方向性を見極めるには時期尚早。結局短期筋の材料にされることで、結果的に「往って来い」になりやすい。
ボリンジャーバンドのトレンドは横ばいに入ったことで大きな動きは期待できないものの、目先は中心線に向けた動きが続くとみる。

ポンドドル予想レンジ:1.3340(BB中心線、50.0%)~1.3200

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル米ドル]米長期金利上昇と豪州景気

(豪ドル米ドル日足)


米長期金利の低下により豪ドルドルは底堅い動きが続いている。
先日のFOMC議事要旨の内容がハト派的と受け止められたことでドルは上値の重い展開が続いており、それが豪ドルドルの押し上げ要因となっている。
豪ドル自体が買われているということではないだけに上値も限定的とみるが、まだ買いの勢いがありそうだ。
豪州景気は過熱気味な住宅市場などを背景にいずれ利上げに踏み切るとの見方が強いものの、目先は緩和政策継続姿勢を崩さない。
一先ず上値目途としてはボリンジャーバンドの中心線やフィボナッチ38.2%戻しとなる0.7870ドル付近を目指す展開を予想する。このレベルは10月4日に下落が始まる前のレベルでもあり意識される。

豪ドルドル予想レンジ:0.7870(BB中心線、38.2%)~0.7800

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]動意乏しいなか北朝鮮リスク

昨日は全般に米長期金利の低下によりドルは上値の重い展開のなかNY時間に北朝鮮で地震が発生したことを受け円買いの動きが強まった。
昨日の東京市場でドルは上値の重い展開で始まったものの特に目立った材料がない中、全般に動意が乏しかった。
欧州時間にはポンドが大きく下落。英国離脱交渉が続く中でEUのバルニエ首席交渉官は「EU離脱交渉は行き詰まっている」と発言したことでポンドは急落。しかし、NY時間に「英国に対して2年間EU市場に留まることを提案」との報道でポンドの買い戻しが強まるなど投機的な動きが目立った。
そのNY市場では北朝鮮でM2.9の地震が発生したとのニュースが入るとリスク回避の円買いの動きが強まりドル円は112円前半まで下落した。地震が人工か自然かが確認できるまではリスクは燻ることになりそうだ。
全般に材料が乏しく市場の値動きは単発的なものが目立つ中で本日のNY時間には米国消費者物価指数や小売売上高といった重要指標の発表が控える。
ただ、9月はハリケーンの影響もありどちらかに予想と大きく乖離したとしても一時的な反応となりやすい。
本日も様子見気分の強い中で北朝鮮問題やFRB人事も含めた発言などで短期的な動き中心とした狭いレンジ内での相場展開が予想される。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME | 

注意喚起

当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。店頭バイナリーオプション取引「LION BO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダーバイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルすることはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。「LION BO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のあるリスクが高い金融商品です。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引および店頭バイナリーオプション取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

商号:ヒロセ通商株式会社
業務内容:第一種金融商品取引業
登録番号:近畿財務局長(金商)第41号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)

FC2Ad

 

新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

応援クリックお願いします


人気ブログランキング

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する