ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2017-08

[米ドル円]下げ止まりから反発も

(米ドル円週足)


先週は北朝鮮の地政学的リスクや米国経済指標の結果を受け利上げ期待の後退。そしてトランプ大統領のロシアゲート疑惑問題による不透明感など、ドル円にとっては多くのネガティブ材料が重なり108円75銭まで下落した。
クロス円の調整もだいぶ進んだことで円ショートポジションもかなり解消されたとみられる。一方でドルショートポジションは依然として積み上がっておりその巻き戻しの動きがドル円を左右しそうだ。
北朝鮮などの地政学的リスクの高まりで株式市場も含め巻き戻しの動きがみられた。
夏休みモードに突入しており、マーケットが薄商いの時だけに一方向に行きやすい。北朝鮮と米国との軍事衝突への警戒感が高まるなど、ドル安円高の動きになり過ぎた感もある。
今週も依然としてリスク回避の動きは継続とみるが、北朝鮮に対する過剰な警戒感への反発も考慮しておきたい。
先週の安値108円75銭付近は6月に付けた安値レベルであり週足一目の雲の下限でもあり下げ止まった。
その下の108円50銭付近にはボリンジャーバンドの下限も位置しており、そろそろ底値圏に近づいた可能性が高い。
ドル円にとっての悪材料はほぼ出尽くしており、そろそろ反発のチャンスを狙いたい。

今週のドル円予想レンジ110円90銭(38.2%)~108円50銭(BB下限)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]米ドル主導で底堅い動き

(ユーロ米ドル日足)


先週のユーロドルはユーロ自身には特に材料はなく米ドル主導での動きが目立った。
週初は前週の米雇用統計の結果を受けドル高ユーロ安が進んだ修正の買い戻しから始まった。その後北朝鮮のミサイル発射報道などで再びユーロ売りが強まり1.1690ドル付近の安値を付け、その後は反発に転じている。
テーパリング期待による上昇が始まった1.08ドル付近から1.1910ドルの高値まで1100ピップス余り上昇した反動での売りも一巡。そろそろ下げ止まりから反発に入るとみる。
途転を表すパラボリックが現在1.19ドル付近から少しずつ頭を下げており、このレベルに到達すれば売りから買いのサインに変わる。
ただ、先週から海外市場も含め夏休みモードに入っており、今週は特に目立った材料はない。上値を試したとしても今年最高値となる1.1910ドルには届かず、1.17ドルから1.19ドルのもみ合いに入る可能性が高い。

今週のユーロドル予想レンジ:1.1880~1.1700(BB中心線)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円]長い下ひげと雲の上昇

(豪ドル円日足)


日足ローソク足を見ると先週末に長い下ひげを伸ばしたことで一旦は豪ドルの調整売りも一巡した可能性が高い。そのすぐ下には上昇トレンドを表す一目の雲が位置しており、底値を意識させる。
先週はRBA総裁補佐が「豪ドル高はドル安の影響で、成長を阻害する」と発言。また、ロウRBA総裁は週末に「一段の豪ドル高はインフレ上昇や雇用を抑制させる」「極端な状況になった場合には為替介入の用意がある」と発言。しかし、市場の反応は薄く、寧ろそれでも下げきれなかったことで豪ドル円の底値を確認した格好だ。
豪ドル円はNY市場にかけて買い戻しの動きが活発となりほぼ高値圏での引けとなった。
今週はRBA議事要旨が公表されるが、その内容次第では買い戻しのきっかけになりそうだ。ただ、北朝鮮問題やトランプ大統領のロシアゲート問題が燻る中でリスク回避の動きは継続。円売りの動きも限りがあり豪ドル円の上値は一先ずフィボナッチ38.2%戻しとなる87円付近で一旦は抑えられそうだ。

豪ドル円予想レンジ:87円00銭(38.2%)~85円50銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]北朝鮮リスクと米利上げ予想

先週は北朝鮮と米国との軍事衝突の可能性が高まるなど一触即発の緊迫した状況が続く中でリスク回避の円高が進んだ。また、複数のFOMCメンバーがインフレ目標達成に懐疑的な発言が続く中で週末発表された米7月CPIが予想を下回った。年内の利上げに対する懐疑的な見方が広がりドルの上値を抑えるなどドル安円高の動きが強まりドル円は108円台になるなど4月20日以来となる安値を付けた。
今週も北朝鮮の脅威が継続する中でリスク回避の円高に反応しやすい状況が続く。また、12月利上げの可能性が後退する中でドルの上値は依然として重い。8月は急速に円高に振れることが過去何度かあり、そのイメージが相場に影響し、今回の北朝鮮問題に対して悲観的な見方を一層高めているようだ。
市場は全般に夏休みモードに入っており流動性も低下する中でドル売りポジションがだいぶ積み上がっているように見える。これまでの円ショートポジションもだいぶ巻き戻しが入った感もある。
やや悲観的ムードに傾き過ぎているところから、少しでも北朝鮮脅威が後退するような材料や、利上げに前向きな指標や発言が出れば一気にドルの巻き戻しが入る可能性もある。
過度な相場の傾きは必ずその反動は出るものだ。
ただ、トランプ大統領のロシアゲート疑惑も大陪審が設置され、マナフォート元選対会長の家宅捜査が入るなど、こちらも緊張状態が続く。
ドルの巻き戻しが入ったとしても再びドル売りが待ち構えている状況は変わらない。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]北朝鮮の脅威拡大

(米ドル円日足)


東京市場では連休前のドルの買い戻しも見られたが上値は重く110円を挟んでのもみ合いが続いた。欧州市場が始まる時間帯に北朝鮮が米領であるグアムに4発の中距離弾道ミサイルを発射する策を検討しているとの報道もあり円はじり高となった。
NY市場ではこの日発表された米経済指標が冴えない結果となったことや、北朝鮮への警戒やロシアゲート問題への疑惑が深まったことからNY株式市場は三指数ともに大きく下落。原油価格も地政学的リスクを背景に下落するなどドル安円高の動きが強まりドル円は109円15銭まで下落し安値引けとなった。
連休の狭間ということからドル円の下値警戒感は高まっている。8月は円高が進みやすいという過去の経験則もありちょっとした円の悪材料には注意が必要だ。
一方、短期的にはドル円のショートポジションも積み上がっていると思われ、薄商いの中で一時的な買い戻しの動きにも注意したい。いずれにしても、ドル円にとっては売り材料が重なっており目先は戻り売りスタンスで臨みたい。

ドル円予想レンジ:109円80銭~108円80銭(BB下限)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ米ドル]調整売り一巡でもみ合いへ

(ユーロ米ドル2時間足)


ユーロドルは1.2ドルの大台を意識したのか1.19ドル台から利食い売りなどが出て1.17ドル割れまで押し戻された。しかし、ここにきて北朝鮮の地政学的リスクの高まりやトランプ政権への不透明感からドル売りの動きが強まりユーロも下げ止まり感が出始めた。
市場が夏休みモードに入ったことで流動性が低く、短期筋の動きが目立った。
しかし、今日のNY時間に発表される米CPIコア指数の結果が予想を下回るようなら利上げ期待の後退からドル売りが進みユーロドルは再び上昇トレンドに戻る可能性が高いとみる。
上値目途としてフィボナッチ61.8%戻しとなる1.1830ドル付近がターゲットとみる。
反対に、もし予想を上回るようならドル買いが強まるものの、ロシアゲート問題や地政学的リスクがドルの上値を抑える。
結果的にユーロドルの下値も1.17ドル付近で下げ止まるとみている。

ユーロドル予想レンジ:1.1830(61.8%)~1.1740

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[NZドル円]介入警戒感広がる

(NZドル円日足)


早朝に開かれたRBNZ政策会合では予想通りの結果となったが市場には利上げ期待もあり発表後上昇。しかし、その後RBNZウィーラー総裁が「為替介入は常にRBNZに開かれている」と発言。この時は市場の反応は限られたが、その後マクダーモット総裁補佐が「RBNZは介入に向けた第一歩としてNZドルに関する文言を変更した」と発言するとNZドルは下落に転じた。介入に懐疑的であった市場は具体的な発言が出たことでRBNZがNZドルの下落を本気で行うとの見方が強まった。
これによりNZドルは一目の雲の下限を下抜けたことで下落の勢いは依然として強まる可能性が高まった。
北朝鮮と米国との緊張感による円高リスクの高まりもNZドル円下押し圧力となる。
下値目途としてはフィボナッチ61.8%戻しとなる78円80銭付近が意識される。

NZドル円予想レンジ:79円70銭~78円80銭(61.8%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]北朝鮮脅威とトランプリスク

早朝に開かれたニュージーランド中銀RBNZ政策会合ではNZドルが発表後上昇したものの、その後介入警戒感から下落に転じた。
東京市場では北朝鮮への警戒感から円高が進んだものの、連休を前に買い戻しも見られたが上値の重い展開が続いた。
欧米市場では米長期金利が低下したことや株式市場が下落して始まったことでドルは全般に下落傾向が続いた。
この日発表された米7月PPIコア指数が-0.1%と予想の0.2%を下回ったことや新規失業保険申請件数も予想以上に増加したことなどを嫌気した格好だ。
北朝鮮が先日弾道ミサイルを発射したことに対してトランプ大統領が「これ以上脅かせば炎と怒りに直面する」とけん制すると北朝鮮は昨日「中距離弾道ミサイルを米領のグアムに向けて4発発射することを8月中旬に策定する」と発表。これを受け円高の動きが強まりドル円は109円前半まで下落。また、トランプ氏の元選対会長の自宅にFBIが家宅調査に入ったことでロシアゲート疑惑への警戒感が広がりドルは上値の重い展開となった。
北朝鮮の脅威に加えトランプ政権への不透明感がドル売り円買いの動きを強めている。8月はこれまで何度か円高が進んだ経緯もあり今年もその動きが強まるのではといった思惑が広がっている。
日本の連休中に投機筋がドル売り円買いで仕掛けてくる可能性もありポジション管理には十分注意をしておきたい。特に本日NY時間に発表される米7月消費者物価指数はFRBが今後の利上げに大きく影響するもので大きく動き出す可能性が高く注目が集まる。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

注意喚起

当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。店頭バイナリーオプション取引「LION BO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダーバイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルすることはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。「LION BO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のあるリスクが高い金融商品です。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引および店頭バイナリーオプション取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

商号:ヒロセ通商株式会社
業務内容:第一種金融商品取引業
登録番号:近畿財務局長(金商)第41号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)

FC2Ad

 

新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

応援クリックお願いします


人気ブログランキング

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する