ヒロセ通商公式ブログ、日々の売買ポイントをわかりやすく解説。 著者なりの相場観を綴ったもので、実際の投資および取引に関する最終決定は、お客様ご自身の判断において行われるようお願い致します。

2018-12

[米ドル円]ドル高が下支え

(米ドル円日足)



東京市場でドル円は一時113円01銭まで下落。しかし、113円を割り込むことはなく反発。その後欧州市場で113円03銭まで下落したものの再度反発するなど113円の底堅さが確認された格好だ。
ポンドやユーロの下落がドル全般を押し上げたこともドル円の下支えとなった。
米中貿易摩擦への懸念が後退したことからNY株式市場は大きく上昇して始まるとドル円も113円46銭まで買いが進んだ。しかし、その後メキシコ国境の壁問題で株価が下落に転じたことでドル円も113円25銭まで下落。
その後株価が再び上昇したこともありドル円は再度113円46銭まで上昇しそのまま高値圏での引けとなった。
全般にドル買いと同時に円安も進みやすい地合いとなっておりドル円は114円付近を試す展開が予想される。

ドル円予想レンジ:114円00銭(BB上限)~113円00銭(転換線)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド米ドル]メイ政権危機、下げ止まらず

(ポンド米ドル日足)



ブレグジットを巡って混乱は収まらずポンドの下落は一段と加速している。
11日に予定されていた議会による離脱協定案採決は延期となったことでメイ首相の立場が危うくなった。
ロンドン時間にアイルランド外相が「EUがバックストップ条項について何かしらの声明を出す可能性はある」と発言したことでポンドのショートポジションの巻き戻しがみられた。しかし、ユンケル欧州委員長は「現在の英EU離脱協定案が唯一の合意案」と発言。また、ドイツEU報道官の「メイ首相、離脱に対する交渉を期待してはいけない」などの発言から買い戻しは一時的となった。
NY時間には英与党保守党議員らがメイ首相の不信任投票に十分な48通の書簡を送付したとの報道からポンド売りが再開。その後十分書簡は集まっていないとの否定報道も見られたがポンドの下げは止まらなかった。
メイ政権の混迷とともにブレグジットは合意無き離脱の可能性もありポンド安の歯止めがみられない。
一時的なショートカバーが入った時は戻り売りのチャンスとなる。

ポンドドル予想レンジ: 1.2530~1.2370

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ユーロ円]レンジ相場での売り買い

(ユーロ円4時間足)



欧州時間に発表されたドイツやユーロ圏ZEW景況指数が改善したことを受けユーロ買いが先行。
その後イタリアの予算案を巡るEUとの交渉でトリア伊財務相の「イタリア政府は19年度予算案を大幅修正しないだろう」という発言などで上値が抑えられた。
修正案の提出を控える中フランスの左翼政党がマクロン大統領の不信任投票を求めるとの報道などで更にユーロ売りが加速。
ユーロ円は128円18銭まで下落。その後買い戻しが入ったものの上値は限定的となった。
ユーロ円は11月中旬から129円前半から127円ミドルのレンジ相場が続いている。
明日はECB理事会を控えているもののレンジから抜け出すことは難しいとみる。
レンジの下限となる127円ミドル手前では買いを入れ、上限の手前の129円付近では売りを入れていく。

ユーロ円予想レンジ:128円80銭~127円70銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]米中貿易期待と英欧州不安

相変わらずNY株式市場は上下に激しい動きの中で下げの勢いが後退。米中貿易摩擦への懸念が後退したことを好感する一方でブレグジットやイタリア予算案問題などでユーロやポンドの下落が止まらない。
昨日の東京市場では日経平均株価が冴えない動きで始まるとドル円も113円付近まで下落。しかし、ポンドやユーロの下落が止まらない中でドル買いの動きが下支えとなって下げ止まった。
欧州市場では欧州やドイツのZEW景況感指数が改善されたことでユーロが上昇。
ポンドもアイルランド外相がバックストップ条項についてEUが声明を出す可能性を示唆したことで上昇する場面も見られた。
しかし、メイ首相の不信任投票発動の書簡が送付されたとの話などもあり再びポンド売りが強まった。
ユーロもイタリア予算案交渉やフランスの政局不安などを背景に下落に転じたことでドルは全般に底堅さを増した。
NY時間にはトランプ大統領が中国ととても生産性のある話し合いが行われたと発言。
中国も米国自動車に課している関税の引き下げを検討しているとの報道もありNY株式市場は上昇。ダウは一時400ドル近い上昇となった。
しかし、その後トランプ大統領がメキシコ国境の壁の予算を受け入れなければ政府機関を閉鎖すると発言したことを受け一転。ダウは一時200ドル近く下落するなど荒っぽい動きが依然として続いた。
しかし、結果的にダウは小幅な下落にとどまりナスダックは続伸して引けるなど全般に楽観的なムードが漂う中でドル円は113円ミドルまで上昇。ほぼ高値圏で引けてきた。
米長期金利も下げ止まりから上昇するなど、悪材料が大分出尽くした観もあり円安が進む可能性が高い。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[米ドル円]ドル高が下支え

(米ドル円日足)



週明け東京市場では日経平均株価の下落に伴いドル円は一時112円25銭まで下落した。
しかし、先週6日に付けたドル円の安値112円24銭までは一歩届かずに反発。
ドル円やクロス円のショートカバーを巻き込みながらドル円はNY終値レベル112円70銭付近まで買い戻された。
NY市場ではNYダウが大幅下落で始まったもののポンドやユーロが下落するとドルが全面高。円高とドル高で動きは限られた。
その後NY株式市場がプラスに転じるとリスクオンの円安が強まりドル円は113円台を回復。引けにかけて一層の買いが入り113円36銭の高値を付けて引けてきた。
一日で安値から1円余り上昇したことでドル円の底堅さが改めて意識されている。
今日の日経平均株価もNY株価の流れを継いで買いで始まるとみている。
問題はNY株式市場の動向に集まる。上下に激しい動きが依然として続いていることからリスクオンの動きも長くは続かない。
114円付近では売りを出しておきたい。

本日のドル円予想レンジ:113円90銭~113円00銭(50%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[ポンド米ドル]英議会の離脱案採決延期でポンド安

(ポンド米ドル日足)




東京時間にメイ首相が11日のEU離脱案議会採決延期を表明したとの報道で1.29台で始まった。その後ゴーブ環境相の「11日に採決を行うように進めている」といった発言や首相報道官の「予定通り11日の議会採決を実施する」といった発言などから1.2759まで上昇。
しかし、徐々にポンドが下落する過程でメイ首相が「EU離脱案議会採決の延期を確認」と発言したとの報道がNY時間に伝わった。
これを受けポンドは1.26ドルを割り込み1.2507まで売り込まれた。その後は1.25後半まで買い戻しが入ったものの上値の重い展開が続いている。
議会は延期されたものの北アイルランドも反対に回るなど合意に達するのに難しい状況は変わらない。もし、国民投票をしたとしても再度投票をすることになる可能性が高い。
一方、欧州委員は再交渉しないとの姿勢を崩さない。
最悪な状況を織り込みながらポンドは下落したことで一先ず、昨日の安値1.25ドル付近は底値とみている。
ただ、ハードブレグジットへの可能性は非常に高まる中で戻り売りスタンスで臨みたい。

ポンドドル予想レンジ: 1.2630(50%)~1.2500

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[豪ドル円]下げ過ぎの反動

(豪ドル円日足)



週明け東京市場で豪ドル円は先週末NY終値81円20銭から80円70銭付近に下落して始まった。
その後RBAのケント総裁補が「失業率の押し下げとインフレ率の引き上げが多少進んでいるが漸進的。次の一手は利上げである公算が高いものの近い将来ではない」と発言。
市場の利上げ期待もあり豪ドル円は反発。じりじりと引けにかけて81円20銭まで押し戻された。その後も買いが続きNY市場では81円51銭まで上昇。その後ポンドの急落に攣られて81円50銭まで押し戻されたものの買い意欲は根強く再び81円50銭まで回復。
高値圏での引けとなった。
豪ドル円は先週一週間で3円近く下落したことからその反動の動きが出始めている。
NY株価の下落でも円買いは限定的となったことからか安心感が広がり、豪ドル円は一段の買い戻しが期待できそうだ。
ただ、今の段階で積極的に買うには難しく、買い戻し一巡後はもみ合いに入るとみている。

豪ドル円予想レンジ:82円30銭(50%)~81円20銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

[全般]英議会採決延期で不安拡大

先週末のNY株式市場大幅下落や米中貿易摩擦激化、そしてブレグジット懸念などを受け東京市場で円高ドル高でスタート。その後は過度なリスクオフの動きが後退すると買い戻しが入った。NY株式市場のスタートは下落したもののその後プラスに転じたことでドル円は113円台を回復して引けている。
週明け東京市場では前週末のNY株式市場が米中貿易摩擦が再燃するとの見方やイールドカーブのフラット化、そして雇用統計での平均時給が予想を下回ったことなどで円買いが強まった。ブレグジットを巡り11日の英議会採決が延期されるとの一部の報道を受け不安も増幅した。
英国のEU離脱案の議会協議に関してはその後二転三転したものの最終的にメイ首相が延期を表明。このまま採決を行えば否決されるとの見方を示したことでポンドはNY市場で急落。同時にユーロも攣られ安となるなどドルが全面高となった。
一方、NY株式市場は前週末の下落の流れを受けNYダウは一時500ドル超の下落で始まったがその後は回復。三指数ともにプラスに転じたことでリスクオフの動きも後退。
円安が進みドル円は113円台に上昇し高値圏での引けとなった。
ブレグジットでは合意無き離脱の可能性が高まりポンドが下落。ユーロもイタリア財政問題やフランスの暴動、ドイツ政権の弱体化などへの懸念があり下落。ポンドの受け皿としてのユーロも売られる中でドルが買われやすい状況となっている。
NY市場では米長期金利の低下に伴いイールドカーブがスティープ化しリセッション懸念も浮上。ドルも一方的に買いを入れにくい状況が続く。
ただ、相対的に見るとドルが最強通貨であることに変わりはなく、依然としてドル買いは継続するとみている。
今日のNY株式市場で上昇が継続するようなら円安ドル高の動きが一段と強まるとみている。

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
応援クリックお願いします→

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

«  | HOME |  »

注意喚起

当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、想定元本(為替レート×取引数量)× 4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。店頭バイナリーオプション取引「LION BO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダーバイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルすることはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。「LION BO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のあるリスクが高い金融商品です。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引および店頭バイナリーオプション取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。

商号:ヒロセ通商株式会社
業務内容:第一種金融商品取引業
登録番号:近畿財務局長(金商)第41号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会(会員番号1562)

FC2Ad

 

新規口座開設はこちら

口座開設バナー


LION FX経済カレンダー信託保全確定申告について各国情報Q&A
初めてのFX
連絡先

応援クリックお願いします


人気ブログランキング

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

カテゴリー

プロフィール

ヒロセ通商

Author:ヒロセ通商
毎日の売買ポイント
●ファンダメンタルズ
●テクニカル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する